KVAGOのiPad向けBluetoothキーボードが軽くて素敵

KVAGOのiPad向けBluetoothキーボードが軽くて素敵

先日iPadをメインマシンにするべくBTキーボードを買ったんですわ。

セミナー等で講演する時はデモもよくするのでMacBook Proが必須だけど、それ以外の通常の通勤ならiPadで十分すぎるんじゃね?と思ったのね。

このKVAGOのケース付きBTキーボードはケースにマグネットが埋め込まれていて、キーボードがぴたっと止まる。なかなか素敵なギミックなんだけど、いかんせん大きすぎる。前後に結構なスペースを取るので、電車で座れた時にさくっと開いてさくっと文章を書きたいなぁと思っていたのには不向きだった。

そこで今まで使っていた通常のスタンドケースと、このBTキーボードをわけて持ち歩くようにする。このキーボード、打ちやすいのにめちゃくちゃ軽いんですわ。

この写真はパズドラブログの記事を書いているところ。iPadでも使えるWordpress用エディタを買おうかと思ったけど、Split ViewでSafariを2画面に分割したら十分書けるわ。

先日買ったHHKBと比較してみる。さすがにフルサイズキーボードと比べると小さいけど、男の自分でも十分タッチタイピングできるぐらいのキーピッチはあって、打ちやすい。日本語と英語の切り替えもcaps lockキー一発でできるので便利。

このキーボード、なぜかwindowsボタンもあるんだけど、iPadで使う時、このキーはMacで言うコントロールキーになっているようで、win+cでコピー、win+vでペーストとかできる。

iPhoneやiPadでBTキーボード使うといつも思うけど、矢印キーの便利さを思い知る。iOSのソフトキーボードにいつまで経っても矢印キーを実装しないのはアップルの傲慢だと思いますよ。Androidのソフトキーボードは使いやすいもの。

スポンサーリンク

ガジェットカテゴリの最新記事