ひらくPCバッグミニを買った!これはいい!

ひらくPCバッグミニを買った!これはいい!

高いだけの価値はあった「ひらくPCバッグミニ」

MacBook Pro13インチが無理なく入って、かつ「さっ」と取り出せるカバンを探していた。ショッピングモールとか行くたびにいろいろカバンを見ていたんだけど、どうにもこれという決め手になるものがない。

そこで以前から気になっていたひらくPCバッグを買った。初代ひらくPCバッグは大好評だったみたいだけど、あれは通勤で使うには大きすぎる。

その後出たミニもMBP13インチが入るとのことなので、2万円もするバッグだけど買ってみた。

仕様どおり、前部分を開くと(開かなくても)自立する。

できるだけ荷物を持ち歩きたくない自分だけど、最低限これだけはというものがこれ。

左上から、PCアクセサリをまとめた小物入れ(VAIO P70を買ったときについていたケース)、このひらくPCバッグを作っているSUPERCLASSICが作っている超小型財布、ノベルティでもらった薄型モバイルバッテリー、メガネケース、ライトニング接続のヘッドフォン、デジカメRX100M3、扇子、名刺入れ、モバイルWiFiルーター、モレスキン、そしてMacBookPro 13インチ。

これを詰め込んでみると、きれいに入った。この時期ポカリスエットは必須で持ち歩くので、同梱されていた間仕切り(カメラバッグで使われるようなクッション型)を使って、ペットボトルのスペースを作っても余裕。ちなみに名刺入れは客先で取り出すことが多いので、中ではなく外のポケットに入れてる。

このバッグのいいところは、フロントがかぱっと開くので、立ったまま中のものを取り出せること。これなら文庫本を入れておいても、電車で立ったまま出し入れができる。もちろんポカリも。これはいい!

実は2週間ほど前までは「iPadにキーボードを持ち歩いてメイン環境にしよう。Macはいらんだろ」って思っていたんだけど、その矢先にデータセンターが落ちるという障害が発生しましてね。朝昼夜問わず対応が必要になり、「やっぱMacはいるわ」と思い直したの。

それが「Macおよび周辺アクセサリを無理なく持ち歩ける小型バッグないかなぁ」と探していた理由だった。

これだけ入れても、ストラップが太いので肩にかけても重いと感じない。底も側面もクッションがしっかりしているので衝撃にも安心。

いや、これはいいわ。高いだけのことはある。

Macの前にまだ縦入れするポケットがあるので、ここにiPadを刺すことも可能。完璧です。

スポンサーリンク

ライフカテゴリの最新記事