自己管理のキーワードは「iTHEME」

自己管理のキーワードは「iTHEME」

自己管理に必要な6つの要素

随分前、まだ30代の頃に読んだ女性著者の本で、自己管理に必要なキーワードは「THEM」と紹介されていた。引用と本を紹介したかったんだけど、手持ちの本、Kindle本を散々探しても見当たらなかった。どの著書だったか判明すれば後日追記します。

自分はその4つにiとEを加えた6つがビジネスパーソンに必要な自己管理要素だと思ってる。

iはInformation

情報ですね。インターネットで情報があふれる時代、なにをインプットし、それをどう組み合わせて咀嚼して、どうアウトプットにつなげていくのか。

また、アウトプットする時も個人情報保護が叫ばれる時代において、どこの範囲まで、どのレベルまで出していいのかという判断も大事になる。

情報管理が必須な時代なのだ。

TはTime

時間管理だね。

成功本では必ずといっていいほど書かれているのが、人の時間を奪う「時間泥棒」だけは絶対にしてはダメということ。

自分の時間管理はもちろんのこと、他人の時間を奪うようなこともしない管理が必要になるのだ。

HはHealth

健康のことだね。

体調管理が必須なことは言わずもがなでしょう。

EはEmotion

感情コントロールのことね。

すぐに怒る人、落ち込む人というのはよくない。何事にも動じない、確とした自分の芯をしっかり持つことが大事。

緊急時にパニックにならない、慌てない方法の一つとして、常に最悪のケースと最良のケースをシミュレーションしておく思考訓練がある。

なにかに取り組む時、「最悪なにが起こるだろう」ということと、「全部が全部うまくいったら、どうなるだろう」ということを想定しておくのだ。たいてい最悪のケースは起こらない。だから、少々の問題が生じても「最悪のケースに比べればまし」と余裕を持って取り組めるのだ。

MはMoney

お金ね。とっても大事。後述します。

もう一つのEはEnvironment

環境のこと。

気持ちよく、集中して仕事をするためには環境はとても大事。

たとえば自分もノマドなライフが好きだけど、喫茶店でブログ書いたり、仕事したりするのは苦手。人がたくさんいて、ガヤガヤしているところでは集中できない。

それぐらいならカラオケに入る。防音、空調が効いていて、たいていドリンクバーがあってという環境は集中してなにかをするにはとてもいい。

こういった「環境」を人のせいにするのではなく、自分で作っていくことをここでは言ってる。

iTHEMEでもっとも大事なのはHとM

さて、6つある自己管理必須要素の中でも、もっとも大事なものを挙げると、それは健康とお金だ。

どちらも、これらに不安を考えている人は仕事に集中できない。

まずは健康。

自分ではどうにもならない難病の場合本当に残念なことだけど、いわゆる生活習慣病は普段の自己管理で大部分を防ぐことができる。

飲酒のしすぎ、タバコの吸いすぎ、カロリーの高い食事を食べ過ぎ等々。

自分は10年ほど前に「長生きしたければ朝食は抜きなさい」という本を、沖縄出張の時に羽田空港の書店でたまたま見かけて、飛行機の中で読了して以来、次の日から基本的に朝食は取らなくなった。この方法が本当にいいのかどうかはわからないけど、少なくとも自分に関しては健康診断を見ても、いい数値を保ってる。

そしてもう一つ大事なのが、「お金」

お金に不安を抱えている人は仕事に集中できない。本来お金を稼ぐために仕事をしているのに本末転倒な話になるのだ。

特に借金をしている人。

まだ住宅ローンはましかな。自分は怖くてというか精神的な負荷が高いの住宅ローン組んでまで家を買おうとは思わないけど。現金ができた時にそれで買える範囲の家を買おうと思ってる。ま、引退した後かな。

そうではなくて、競馬やパチンコ好きな人、フィリピンパブに入り浸っている人が下手したらサラ金に手を出して、200万とか300万の借金を作っているケースが結構ある。自分の周りでも結構見てきた。

こういう人で仕事ができる人を見たことがない。そもそもとして「朝から夕まで仕事に全力」ができない。

いつも金の腐心ばかりしていて、同僚や挙げ句には顧客にまで「JBLのスピーカーを持っているんですが、20万で買いませんか?」と言ってくる(実話)。

かと思えば、かつての部下に「株を一口100万で買ってくれない?」と尋ねまくっているかつての部長とかもいた(実話)。

とにかく借金はしないこと。住宅ローン以外で借金があるなら、とにもかくにも最速でその借金をなくすことに全力を注ぐ。借金がなくなれば心身ともに晴れ晴れとした気持ちになって、仕事や人生に全力で向かっていける。

かつて自分もクレジットのリボで200万ぐらい借金があり、鬱々としていたので、半年で一気に返した経験があり、その時の晴れ晴れ感は実体験したよ。

お金を貯めるならリボ払いは絶対やっちゃいけない

なので、iTHEMEのうち、健康とお金はもっとも重要な要素なのです。

スポンサーリンク

ライフカテゴリの最新記事