ソニーのフルサイズ準広角レンズ:SEL35F28Zを買ったのでレビュー

ソニーのフルサイズ準広角レンズ:SEL35F28Zを買ったのでレビュー

1回しか使わなかったRX10M4を売却するついでに、ソニーの(一応)広角レンズ:FE35mm F2.8を買った。マップカメラでは売却すると同時にレンズを中古でも新品でも買うと下取り扱いになって、買い取り価格をアップしてくれる(今回は1万円ほど+してくれた)。

SM-N950F F1.7 4.3mm ISO250  1/100sec 

風景を撮る用の広角なら24mm以下が欲しいところだけど、フルサイズ対応のレンズってソニーの場合ズームででかいレンズか、めちゃくちゃ高いレンズしかない。気軽に買える価格帯で、普段からつけっぱなしにしておけるようなコンパクトサイズのレンズって皆無なんだよね。FE28mmってのが5万円を切ってあるけど、4mmの差って結構大きいんだよなぁ。どうせなら単焦点24mmが欲しい。T*付きで。しかも10万円以下で。

SM-N950F F1.7 4.3mm ISO160  1/50sec 

35mmって広角でもなく、標準でもない焦点距離だけど、トリミング次第ではいかようにもなるし、この大きさならつけっぱにできるからちょうどいいかなと思って。価格も中古で5万円台だったし。

RX100M3と並べてみた。奥行きはともかく、幅がほぼ同じなのはフルサイズなのにα7RIIIがいかにコンパクトかってのがよく分かるね。

SM-N950F F1.7 4.3mm ISO160  1/50sec 

作例

逆光のサルスベリの花。トリミングしてるけど、周辺減光もなく、隅々まで気持ちいいぐらい解像する。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F2.8 35mm ISO250  1/8000sec 

立川駅のよく分からないモニュメントを逆光で。太陽をまともにいれてもファインダーで撮れるのはEVFならではだね。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F5.0 35mm ISO250  1/8000sec 

同じく立川駅前。等倍で見てもマンションの窓や柵がくっきり見えるぐらい素晴らしい解像度。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F5.0 35mm ISO100  1/800sec 

ただ、こういう料理を撮るような場面で困るのが、このレンズ、意外と寄れない。最短焦点距離が30cmなので、レストランだと後ろに体を引っ張らないとテーブルの上の料理が撮れない。マクロまでいかなくても、もうちょっと最短は短くしてほしかった。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F4.0 35mm ISO100  1/50sec 

ベランダから夜景を撮ってみた。まずは手持ちで。昔のカメラの感覚だとSSが1/10secなんて絶対撮れない速度だけど、最近のカメラの手ぶれ補正の力はほんとすごいね。ただし、等倍で見ると手ブレしてるので、トリミングをしないごまかし写真になってしまう。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F2.8 35mm ISO800  1/10sec 

続いて手すりに乗せて撮影。手すりに面白い光の輪が入った。さすがにこれだと等倍で見ても団地の窓とか柵が気持ちいいぐらい解像してる。リサイズしても上の写真とはくっきり度が全然違うのがよく分かるね。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F5.6 35mm ISO800  1.6/1sec 

鳥撮りで通った道で。前夜降った雨のおかげで、早朝はあちこちの葉っぱで水滴が乗っていた。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F5.6 35mm ISO250  1/400sec 

風景カット。曇天だったのが残念。等倍で見ると葉の1枚1枚がきっちり解像してる。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F8.0 35mm ISO250  1/200sec 

コントラストの強い場面ではHDR的な処理で。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F5.6 35mm ISO250  1/60sec 

あまり寄れないレンズだけど、トリミングすることで画面いっぱいに広げられる。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F2.8 35mm ISO250  1/400sec 

使っていて楽しいレンズだわ、これ。

ILCE-7RM3 FE 35mm F2.8 ZA F5.6 35mm ISO250  1/800sec 

結論:普段用なら十分すぎる写り

さすがに伊達にゾナーT*を冠につけてない。素晴らしい写りだ。F2.8なので本気でポートレートを撮る人ならボケ味が足らないだろうけど、普段使いにしては十分すぎる。

一般的に焦点距離50mmが実際に見えている風景と同じ画角と言われるけど、自分的には30-35mmぐらいが目の前に見えている感覚と写真の画角がほぼ一致してる。

風景を撮っておいて、あとで16:9にトリミングすれば風景写真のようになるし、トリミングすればスナップやポートレートにもなる。等倍で見てもしっかり解像しているのでトリミングし放題。だからこそできる「広角にも標準にも」というトリミング。

レンズも重くないし、コンパクトだし(フルサイズレンズでこの大きさだからね)、常用でつけっぱなしにして持ち歩くには最適のレンズだね。価格も高くないし。

願わくば、もう少し寄れたらなと。それだけが少々不満ぐらいで、他にはなにも不満の見当たらない良レンズでした。

スポンサーリンク

ガジェットカテゴリの最新記事