メンタルを強くするためのたった一つの心がけ

メンタルを強くするためのたった一つの心がけ

そもそもメンタルの強い人はいない

先日Kindle Unlimitedにリストアップされていたので、こんな本を読みましてね。

明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術 ビジネスライフ
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2016-06-20)
売り上げランキング: 912

非常に刺激を受けた本だった。

結局人の悩みは人間関係に起因することがほとんど。地球上に自分ひとりしか人間がいなければすべての悩みが消えると書いてある本もあるぐらいだ。

本書にも書いてあるけど、そもそもメンタルが強い人というのはいない。強いメンタルを持っているように見えても、その人ももちろん心が折れる経験はしている。

しかし、いろんな経験を積むうちに心が折れる前にストレスを回避したり、発散することでしきい値を越えないようにしている。だから1年を通していつも元気だし、たいていのことではへこたれない。

周りからすると、そういう人はメンタルがタフなように見えるわけだ。

本書では、コミュニケーションにおいて、タイプ別に付き合い方を紹介してる。これが本書で一番いいと思った理由で、普通は対人関係全般についてしか説明されていないところ、「あぁ、いるいる、こういうタイプ!」といういくつかのパターンについて、対処法、接し方を説明している。

特定の人のことを考えるだけで胃が痛いという人は一度読んでみるといいと思う。

メンタルを強くするためのたった一つの心がけ

この本を読みながら、思ったことというか気付いたことがある。

もちろんメンタルタフネスを作るのに1つだけすればいいなんて絶対的解決法なんてものはない。いろいろなことにトライしていくべきだ。

しかし、「あの人、メンタル強いなぁ」という人を見ていて、また「あの人、すぐにメンタルが折れるなぁ」という人も見ていて、根本的な共通要因に思い至った。

それは「承認欲求を求めすぎない」ということ。

生きている限り、承認欲求があるのは仕方がないこと。

しかし、メンタルが強い人は「別に人に認めてもらわなくてもいいよ」と平然としているし、メンタルが折れやすい人は「自分なんてなんの役にも立っていない」という、他人から認めてもらいたいという気持ちが強すぎるように見える。

妻に振り向いてもらえない。
子供が話を聞いてくれない。
同僚がよそよそしい。
異性にもてない。
SNSになにを投稿しても「いいね」が全然つかない。
上司が自分を認めてくれない。
会社が評価してくれない。
どんな趣味をしても、心から信頼できる友人ができない。

などなど。

それ、他人に対して自分に対する承認欲求が強すぎるんです。

なんのために仕事をしているのか。趣味をしているのか。人生を生きているのか。

人のためじゃないよね。自分のためだよね。

だったら、まずは自己満足できるような心を作ることが先決。

人から「いいね」をもらうためにFacebookやってるの? いいじゃない、全然つかなくても。自分が投稿したいことを投稿すれば。

同僚がよそよそしい? 自分が思う仕事を通せばいいじゃない。それを認めてくれない人ばかりなら転職すればいい。必ずあなたを大事に思ってくれる職場がある。日本には10万以上会社があるんだよ?

上司や会社が評価してくれない? まずは誰にも文句を言われない実績を作ろう。結果を出せば誰にも文句は言われない。上司が、会社がと文句を言う前に、会社に利益貢献していますか?

もし十分に利益貢献しているのに、心情的な嫌味や嫌がらせをするような上司や会社だったら、さっさと転職しよう。あなたが輝く職場は絶対にある。間違いなくある。転職を10回もしてきた自分が言うんだから、間違いない。年齢も関係ないよ。いつでもやる気になれば転職なんて、すぐにできる。

異性にもてない?それがどうした。異性にもてるために人生を歩んでいるのか? 「だって、あいつ、オレより男としては絶対劣ってるとしか思えないのに、いつも彼女がいる」・・・それがどうした。人は人、自分は自分だ。まずは人と比べることをやめよう。ベター・ハーフは必ず貴方にも現れる。いつかは現れるベター・ハーフのために、人と比べてクヨクヨしてる時間があるなら、自分を磨こう。

他人の目を意識しないメンタルを作ろう

承認欲求が強いということは、他人の目を意識しすぎているってことだ。

周りを見回して欲しい。あの人メンタル強いなぁと思う人が何人かいるはずだ。

その人のSNSや行動、メール、ブログ、会議での発言なんかを思い出してみよう。人の意見なんて気にしていないはずだ。

逆に「いいね」や「PV欲しがり屋さん」の人に対しては、「あの人、どこかでメンタル折れるかもな」という危うい一面を感じるはず。

Facebookやインスタ、twitterをやっている場合、訓練の一貫として「人の意見、目をまったく気にしない」モードで、投稿をしてみよう。これ、結構メンタルが強くなるよ。

そして、ブログを書いているなら、自分が思うことを好き勝手に書いてみよう。炎上なんて、よっぽどの有名人でなければしないから大丈夫。ただし、訴訟沙汰になるような誹謗中傷はしないように。常識の範囲内で。

異性も子供も、同僚も上司も、自分の思うがままに情熱を持って自分の人生を生きている貴方を見るのが好きだ。そんな人の生き様は見ているだけで楽しいし、刺激を受ける。

人の目を意識しない(意識しすぎない)ということは、人と比べないことを意味する。そういう考えで仕事も私生活も取り組むと、随分気持ちが軽くなるよ。そして人生そのものが楽しくなる。

もう一度言うけど、誰にでも承認欲求はある。でも強く求めすぎないことがメンタルタフネスの第一歩だと思う。

スポンサーリンク

ライフカテゴリの最新記事