一度使ったらデフォルト状態の空気入れを使えなくなる:ヒラメ

一度使ったらデフォルト状態の空気入れを使えなくなる:ヒラメ

これぞ日本品質:一度使ったらこれ以外使う気がなくなるヒラメ

ヒラメを買った。以前クロスバイクに乗っている時も使っていたから、この製品の品質は知ってる。だから、今回クロスを買った時も速攻で買った。

アマゾンで買ったけど、6,000円ぐらいだった。

クワハラ(KUWAHARA) HIRAMEポンプヘッド縦型+ホ-スバンド付 HP-20-T シルバ-
クワハラ(KUWAHARA)
売り上げランキング: 59,164

ヒラメとは?

空気入れの先のアダプター部分。空気入れ自体がメータ付きでも2,000円前後で買える時代に、この先っぽ部分だけで6,000円とか、自転車乗らない人には「アホでしょ」と思うような価格。

しかし、一度使えば分かる。この値段でも安いぐらいなのだ。

マウンテンバイク、クロスバイク、ロードバイクに乗っている人は、常に空気圧を気にしないといけない。MTBはそれほどでもないとしても、クロスやロードみたいに細いタイヤだと、空気圧が低ければパンクしやすくなり、スピードも出ない。だから、バイク系に乗る人は乗る時毎回空気を入れる。通勤なんかに使う人は毎日入れないといけないぐらい。

普通の空気入れだと、この手の空気圧が高いタイヤにはロクに空気が入らない。ある程度まで入ったら、その後はポンプを押しても押しても空気が抜ける。

そんなもんでしょ?と思うでしょ?

ところが、騙されたと思ってヒラメに換装して欲しい。今までのイライラはなんだったのかというほど別世界の空気入れワールドが待ってる。空気は抜けない、狙った空気圧でピタッと止められる、入れた後ポンプヘッドをタイヤチューブから抜く時の、あの嫌な「ぷしゅーっ」と空気が抜けることもない。

ほんと、異次元の空気の入れやすさ。

ヒラメに付け替える

今回空気入れも買った。メータさえついていればなんでもいいんだけど、自分はパナレーサーを買った。

アマゾンで3,700円だった。

まずヘッド部分をクルクルと回して外す。

ホースの先端部分をペンチで引っこ抜く。今後使わないので思いっきり抜く。

全部外したところ。

いよいよヒラメをつけます。先に締めリングを入れておくのを忘れないように。

ヒラメを差し込んで、締めリングで締めて完了。

空気を入れるのぢゃ!

夜だし、平日なので明日乗る予定もないけど、試しに入れてみる。フランス式チューブなので、小さいネジを回して、1-2度頭を押して空気を軽く抜くのを忘れないように。これを忘れると最悪頭部分が折れるからね。

ふと横を見るとカマキリがこちらを凝視していた。興味ある?

久し振りのヒラメを装着。手ブレスマソ。

横を見るとカマキリ君も横を向いて、お尻フリフリダンスをしてる。応援してくれてる?

いやー、さすがヒラメ。デフォ状態の空気入れだとここまで空気入らないし、無理やり押し込んでもすぐに抜ける。狙った空気圧でピタッと止められるこの快感。

バイク系乗っている人は使っていない人がいないと言われるぐらい有名なヒラメだけど、まだ使ったことがなくて空気入れにストレスを感じている人は、ほんとに騙されたと思って試してみて欲しい。高いだけのことはあるし、今後他の空気入れ(デフォルト)を一切使う気がなくなるから。

スポンサーリンク

ガジェットカテゴリの最新記事