Surface Go用のペンは純正でなくても快適だった

Surface Go用のペンは純正でなくても快適だった

Surface Goを買ってから、毎日使い倒しております。仕事もプライベートも出かける時はSurface Go + Galaxy Note8 + 小さい財布だけで済んでしまうという、「本気でミニマリストを目指してみようかな」と思うほど身軽になった。

買った時は「手書きメモはGalaxy Note8で十分だから」と書いた。

こんなノートパソコンを待ってた!Surface Goを買った

でも、やっぱりSurface Goでも手書き入力をしたくなった。ひとつはマインドマップを書きたいこと、ひとつはWindows Helloのおかげで顔認証がさくっと完了し、タブレット並に「メモしたい」と思ったらすぐに使えるマシンになってることがある。

でも純正ペンは高い。アマゾンで探していたら、今はいろんなメーカーが出していて評判もいいんだけど、一応マイクロソフト認証と謳っている(本当かどうかは知らない)この製品を買ってみた。買った時で5,599円。純正の半額ぐらい。

ペアリングはどうするの?

これがまじで分からんかった。電源ボタンにもなっているペン本体のマウスボタン(使用上は右クリックになる)を押しっぱなしにしても、Windows側のBluetooth設定画面にはなにもでない。

変だなぁ、どうやってペアリングするだ? ひょっとして初期不良品かぁ?なんて思っていたけど、試しにモニターにペンを近づけたら普通にマウスカーソルが出てきて、OneNoteとかだと手書き入力できた。

ペアリング不要だったのか・・・。

使い勝手

いいね!純正のペンも使ったことあるけど、ほとんど使い勝手は変わらない。5000円ちょいでこれだけ書き心地よく使えるなら、十分おすすめできる。

Surfaceならではの使い心地

休日に部屋で、通勤電車で、Amazonの雑誌を読む。この時気になったページがあればスクリーンショットをばんばん撮る。Surface Goの場合は電源ボタンとボリューム(+)ボタン(電源ボタンに近い方)を一緒に押す。

すると「ピクチャ」→「スクリーンショット」に自動的に入る。PNGは止めて欲しいけど。

ダブルクリックすると標準のプレビューソフトが立ち上がり、ペンを近づけると入力モードになる。この「なんにもしなくても、こちらの気持ちが分かる」動作はいいね。

上書き保存も別途保存も、どちらもできる。

ちなみにどちらにしろ保存ボタンを押すと、こんなモードになる。アメリカンジョークですか。

真の「タブレット+PC」2 in 1のラップトップ時代と言えるのではないか

数年前から初代Surfaceを皮切りに、HPやLenovoなど、いろんなPCメーカーが2 in 1を謳うラップトップを出してきたけど、どれもいまいちな使い勝手だった。

メーカーによって多少異なるけど、だいたい共通しているのは
・ペンの精度が悪い
・タブレットモードの時の不安定な動作(自動で回転しないとか、スクリーンキーボードが出てこないとか、致命的な動作不良が多かった)

このSurface Goはそういった動作不良もないし、軽快だし、もちろんSurfaceなのでペンの精度は高い。

先の記事でも書いたけど、タブレット→PCというアプローチをするiPadではなく、PC→タブレットというアプローチをしているSurfaceシリーズは仕事でもプライベートでもガンガン使えるサブラップトップになってると思う。

Kindleで雑誌を読んで、ペンでメモって、合間にwebで調べ物したり、OneNoteにメモったりという使い方をして、3-4時間使いっぱなしでもまだバッテリーは40%ぐらい残ってる。

自分的にサブマシンとしてはほぼ完璧なラップトップだと思う。

スポンサーリンク

ガジェットカテゴリの最新記事