ミニマリストを目指します

ミニマリストを目指します

もたちぃ的ミニマリストの定義

ミニマリストという言葉が市民権を得てずいぶんになるけど、人によって微妙に定義が違う。特にdisられたりするミニマリストって、「単にモノを持ちたくないだけ」という感じに見える。洗濯機を捨てて洗濯板で洗濯する生活するとか。いつの時代に生きてるんですか。

自分の場合、「モノを捨てる」というのが先にあるわけではない。「本当に必要なものだけを残す」というのがまずある。そして「それ以外は捨てる」という順番。

今の家に引っ越して2年半。引っ越しの度にモノは片付けてきて、「次の家ではもうモノは買わない」と決心するのに、いつの間にかまたモノが増えてる。もうこんな自堕落な自分がヤだ。

ということで、ミニマリストになる・・・というか、ミニマリストの精神を徹底的に自分に染み込ませることを目的に、今の自分の部屋を極限まで絞っていこうと思った。

きっかけはSurface GoとGalaxy Note8だった

というのも、この2つを今年買ったことで、通勤でもプライベートでも外出する時の荷物が本当に減った。マイクロソフトとサムスン、ありがとうという感じ。

今普通の通勤では、これだけを持って出てる。カバンはビッカメで見つけたエレコムの3000円ぐらいのSurface用カバン。

ハンカチと財布、TicPro E、有線ヘッドフォン、Galaxy Note8は身につける。Surface Goはカバン本体に、会社のiPhone7、名刺入れ、Surface用Penはカバンのポケットに入れる。これで終了。

セミナーで講演したりする時はこれにディスプレイアダプターを加え、出張の時はカバン自体をひらくPCバッグミニに変え、下着などの着替え、無印で売ってる小さなローション/乳液、パナソニックのラムダッシュ(シェーバー)、充電ケーブル系だけを加えて出る。ほんとにこれだけ。周りからも「え、それで出張?」と言われる。1泊2日程度なら十分。

ちなみに先日有線ヘッドフォンに切り替えたのだけど、理由は「1つでも充電機器を減らしたかったから」。BTヘッドフォンは昔に比べてずいぶん音がよくなり、電車の中で聞くぐらいなら有線とほとんど音質は変わらないけど、毎日充電するというのが苦痛になってきた。

だから、今回ミニマリストを目指す断捨離の一貫で、BTヘッドフォンは捨てる。

なお、ここに写ってる財布は先日アマゾンで見つけた、薄型財布。探して探してようやく見つけた理想の財布。

開くとマネークリップになっていて、札を挟みつつ、カードが3枚収納できる。

自分は普段は財布に万札を入れない。SUICAに5000円チャージしていて、今の時代生活で使う費用ってほとんどSUICAで間に合う。飲み会がある時とか、そういう時だけ万札を補充していくけど、それ以外は数千円あれば十分。衝動買いもしなくなるしね。

この財布、表は小銭入れになっていて、小銭入れ側に1枚、蓋側に3枚カードを入れられる。

この財布に出会うまでは、以前ここでも紹介したアブラサスの小型財布をずっと使っていた。

小さい財布 abrAsus(アブラサス)ブラック
売り上げランキング: 4,442

しかし、小銭が取り出しにくい、札が三つ折りになって相手に申し訳ない、小さいけど分厚いので、パンツのポケットに入れるとシルエットが崩れ、カバンにしか入れられないと不満点が結構出てきた。

そこでポケットにも入れられる薄型の財布をずっと探していたんだよね。この財布はまさに理想の財布だった。色も多色展開しているので、興味ある人はアマゾンのリンクから探してみて。

捨てればいいというわけではない

なんかミニマリストの部屋って「なんにもない殺風景」というイメージがあるよね。でもそうじゃない。

特に自分の場合仕事がIT系だからPCやガジェットはある程度必要だし、音楽もやってるからギターや鍵盤も必要だし、メインの趣味は鳥撮りなのでカメラ、望遠レンズももちろん捨てるわけには行かない。

その上で「部屋にこれだけしかないの?」という部屋を作りたいと思ってる。青写真はGalaxy Note8でスケッチしたので、半年ほどかけてモノを捨てていきたいと思ってる。一度で処理できたらいいんだけど、粗大ごみもたくさんあるので、徐々に徐々にって感じだね。

スポンサーリンク

ミニマリストカテゴリの最新記事