スーツ姿にリュックは似合わないぞ

スーツ姿にリュックは似合わないぞ

スーツにリュックという超アンバランスな姿

最近スーツ姿でリュックを背負って通勤する人が多くなってきた。

ショルダーバッグなどに比べて、肩への負担が少ない、荷物がたくさん入るなどメリットも多いのだろう。

でも一言言わせてもらいたい。

似合ってねーぞ、それ

本人にどんな事情があろうと、ビジネスは見た目で7割決まると言われる。

スーツにリュックというアンバランスな格好で訪問されたら、それだけで「仕事できなさそう」という印象になる。

極端な例だが、3,000万円ぐらいするフェラーリを買おうと思って、ディーラーに訪れたとしよう。

目の前に現れた営業の格好が、短パンにTシャツという「今からサーフィンでも行くの?」という姿だったら、この営業から3,000万円の車を買おうとは思わないだろう。

本当に能力があるのかどうかの前に、姿格好というのは大変大事なのだ。

「到底仕事ができるようには見えない」という問題のほかに、もう1つ問題がある。

それは、そんな不格好な姿で仕事に行っても本人が気にしていないということは、周りの目を気にしていないということなのだ。少なくともそう思われても文句は言えない。

その格好で恥ずかしいと思わないところが問題なのだ。

周りの目を意識していないということは、仕事において、いろんな場面で無礼、無粋、無神経な行動に出る恐れがある。

本当にそういう行動するかどうかは分からない。

でも、そう思われてしまうのだ。スーツにリュック背負ってるだけで。

少なくとも、人と接する機会の多い営業なら、今すぐリュックは止めよう。

通勤中だけリュック?職場ではカバンに持ち変える?

それもダメです。

通勤中誰に会うか分からないでしょう?取引先の社長と、ばったり会ったらどうするの?

パンパンに膨らみ、後ろの人の通行にも大迷惑なリュックを平然と背負ったまま、「あの案件の進捗ですが・・」と話をするの?

相手がそんな格好をしていたら、自分なら仕事の話なんかしたくない。

うわー、センス悪そー」と思うからだ。

パンパンの荷物になるなら、減らす努力をすればいい。今持ち歩いている荷物、本当に全部必要か?

腰や肩に負担がかかるなら、いっそのこと「手ぶらで通勤」を本気で検討してみればいい。

今の時代、スマホ一台あれば、ほとんどの仕事、連絡は問題ないはず。

人から見られている。常に意識しよう。

スポンサーリンク

身だしなみカテゴリの最新記事