Paypay(ペイペイ)を使う気にならない理由~個人情報の対価

Paypay(ペイペイ)を使う気にならない理由~個人情報の対価

あっという間に100億円の還元セールが終わったペイペイだけど、はなっから使う気にならなかった。その理由をいくつか書いてみたい。

iPhoneのモバイルSUICAで十分だから

自分はレジで使える限りiPhoneを出して「スイカで」とキャッシュレス決済してる。チャージは5,000円単位でデビットカードから落としてる。クレカも嫌いだし、小銭を出してレジ前で時間かかったり、小銭が重い財布も嫌なので、今の環境が大変気に入ってる。

モバイルSUICA+デビットカードが超絶便利!財布が不要になった!

ペイペイに限らず、今政府が推進しようとしているQRコードやバーコード方式の決済がいいとは思えない。

レジ前でいちいち自分のバーコードを出したり(ペイペイの場合)、店が出すQRコードをアプリで読み取ったりするのって、面倒くさくね?自分は嫌だ。SUICAならかざすだけで済む。

還元セールを嬉しいとは思わない

自分は天の邪鬼かもしれないけど、あぁいう大大キャンペーンとかセールって魅力的に思わず、「ふーん」と冷めた目で見てる。

キャンペーンだから欲しいものを探してるでしょ、それ?と思うわけ。

本当に欲しいものなら無理しない程度で定額でも買うもの。

ミニマリストな考えがベースになってから、モノは基本的に増やしたくないと思っていて、買い物は厳選をする癖がついた。

だから「安い!これ買おう!」とか「100%返ってくるかも!?買う買う!」とか思わない。モノ増えるだけじゃんと。

だからふるさと納税にも興味が持てない。そもそも欲しいモノがリストアップされていないもの。

サービス名がバカっぽい

レジで「ペイペイで」って言いたくない。なんなん、そのバカっぽい名称は?大人が発音して恥ずかしくないサービス名をつけられなかったの?

よく使われるサービスだと、スイカ、エディ、アイディー、ラインペイ、クイックペイあたりか。このへんだとレジ前で後ろに人がいても発音は恥ずかしくない。

でもペイペイは嫌だ。非常にバカっぽい。

個人情報を渡したくない

アリペイのビリングシステムなんでしょ?アリペイや中国を信用できるかという問題は別にして、これ以上自分の情報や行動履歴、購買履歴を企業に渡したくない。

だから自分はWAONもポンタもTカードすら持っていない。Tカードはツタヤを使っている頃に必要だったから持ってるけど、使わない。ツタヤもリアル店舗はもう必要ないし。

いや、それでさ、1ヶ月とか2ヶ月たくさん買い物して、1%とか3%返ってきても、たかが数百円でしょ?その数百円のために自分の購買履歴がペイペイのビリングシステムに流れていると思うだけで寒気がする。

唯一使ってるポイントサービスはビッカメとヨドカメぐらいかな。これはそこの企業で閉じている(と信じている)から。閉じてなければ(ヨドバシで買った情報が連携企業、グループ企業でシェアされているとか)、使うの止めるよ。

それぐらい、自分の購買/行動履歴は追跡されたくない。たかが数百円のために安々と店/企業に情報を渡すのは信じられない。

セキュリティに不安

初物の決済サービスは怖い。事故ってるサービスがたくさんある。VISAやマスターブランドのクレカでさえ安全でないのに、新たにセキュリティポイントになる決済サービスを使おうとは思わない。

今回の不正利用が行われたというのは「バカじゃない?パスワードロック機構入れてないなんて」と呆れるばかりだけど、初物ってこういうことが起こりがちなんだよ。

パスワードロックしてなかったということは、ローンチ前に脆弱性診断してないってことだよね。モバイルアプリだからと軽視してるんじゃないの?セッション情報とかも穴だらけの気がするな。

1度流れたクレカ情報は消えないよ。ブラックマーケットでずっと流通してるから。解約して新規発行してもらうしか対策がない。

あと、アプリアップデートで対応したと発表されてるけど、犯罪者はアップデートしないよね。バグが残ってるバージョンで、これからもクレカのセキュリティコード(CVV2)を試行するはず。なんの対策にもなってない。

レシート買い取りサービスが出てきた時にも書いたけど、みんな、個人情報をあまりにも安価にたやすく渡し過ぎじゃない?もっと敏感になろうよ。自分の身は自分で守らないと。

レシート買取アプリ「ONE」騒動に見る個人情報の感じ方

スポンサーリンク

ライフカテゴリの最新記事