容量が少ないSurface Goに128GBのMicroSDXCを追加した

Surface Goは普段使いにはまったく問題ないラップトップだけど、ディスク容量だけがネック

タイトル通りなんだけど、動画編集とかしない限り(AviUtlとか使うと盛大に音ズレずる)、Surface Goを使っていて「遅いなぁ」と思ったことは一度もない。まじで。エクセルとかワードとかパワポとか使っていてもサクサク。

ところが、買った当初から懸念していたけど、内蔵SSDが128GB(上位モデル)しかないので、あっという間に容量が足りなくなる。

今まで騙し騙し使っていたけど、もはやいちいち外付けHDDをつないだりするのが苦痛になってきたので、Micro SDXCで容量を追加することにした。というか、MicroSDカードのスロットがあるのを忘れてた。

今回アマゾンで買ったのはこれ。

自分が買った時で3,980円。読み込み/書き込み速度はできるだけ速い方がいいので、Class10 UHS-I U3のものを買った。SAMSUNGより若干安いものもあったけど、トラブル報告がレビューにあったので、SAMSUNGのものを購入。

夕方注文して、翌朝到着。この国の配達システムはどないなっとんねん。

Surface GoのMicroSDカードスロットはここにある。

ぐいっと押し込んで装着完了。

すぐにWindows側で認識され、119GBのDドライブとしてマウントされる。

フォーマットはexFATになっていて、速度の関係でNTFSにしようかと思ったけど、調べたところ、NTFSもexFATもI/O速度はほぼ変わらないとのこと。であれば、将来Mac側でマウントすることも考えて、exFATのままにする。

常用では問題ない速度だった

ベンチはいろんな人が取ってるので安心していたけど、さすがに内蔵SSDとまではいかない(と思う)までも、普通に使う分にはこのMicro SDXCがボトルネックになっているとは感じなかった。

自分はVirtual Boxの仮想OSをこのカードに置いて使ってみたけど、内蔵SSDに置いている時と比べて特に速度低下は感じられなかった。

これで、Cドライブ128GB、Dドライブ128GBとなり、サブマシンとしてはとりあえずなんとかなった。

でもさ。ライトモデル、エントリーモデルでマイクロソフトは出したかもしれないけど、メインマシンとしても十分使えるスペックなので、ぜひとも上位版でSSDを最低256GB、できれば1TBのものも出してくれないかな。10万超えてもいいから。1TBが出たら自分は買うよ。