来た来た来た!2019年版新型iPad mini購入レビュー

来たよ!買ったよ!2019年3月末に突如発表された新型iPad mini。待ってたよ!新しいiPad miniを待ってたのではなく、iPad miniがApple Pencil対応になるのを!

深センから到着

予定通り本日届きました。

中身。相変わらずシンプル。そして相変わらずアメリカメーカーは化粧箱を捨てるという概念がなく、崩すのが大変。miniだからそのまま捨てるけど。

並べてみた。左からiPhone7、iPad mini、iPad(2018年版)。

買ったのはセルラー版、64GB。SIMはビッグローブで、エンタメオプション付きです。

セットアップ

さて、電源ポチ。

なんと、今のiOSってiPhoneを近づけるとiCloudの情報を転送できるのね。すごい。あっさり終了。

iPhoneX以降興味がないのは指紋センサーがないからなのよ。iPad miniもホームボタンが排除されていたら買わなかったかもしれない。

iTunesにバックアップしてあったiPadの情報から復元して、15分ほどでiPadと同じデスクトップ、アプリが復元されました。このへんはいつも思うけど、アップルエコロジーの便利さ。

Apple Pencilを使う!

iPadとペアリングしてあったApple Pencilをminiのライトニング端子に接続し、ペアリングし直してminiで使ってみる。やっぱりApple Pencil、さすがApple Pencil。めちゃくちゃ書き心地がいい。

薄手のジャンパーのポケットには縦入れで入りました。

まぁ分かってはいたけど、念の為試したところ、やっぱりスーツのジャケットの内ポケットには入りませんでした。

最近手書きメモはGood Notesに戻っております。OneNoteってしょっちゅう同期に失敗するので嫌気が差したのです。

セットアップ中に選択できるんだけど、TrueToneを当然「on」にしました。めちゃくちゃ綺麗。2018年版iPadよりも画面は綺麗。ただ、後日紹介するけど、ブルーライトカットフィルムを貼るので色の再現性は我慢します。

逆の親指も登録しておきます。

dマガジンでNews Weekを開いてみたら、結構そのままの大きさでも読める。これはディスプレイの視認性の良さもあるんだろうなと感じます。ただ、まぁ、ちゃんと読む時はダブルタップして拡大して読むかな。

ブルーバックス電子書籍版。まったく問題なし。というか、めちゃ読みやすい。

同じくKindleで小説。電子書籍リーダーのメイン端末になりそうです。

さすがに日経ソフトウエアは厳しいけど、拡大なしでも結構読める。

自炊PDFのリーダーは昔からi文庫HD。

さすがに楽譜は無理。これ見ながらギターは弾けない。

コミックは最適、超快適サイズ。Dear Boysは初代が一番おもしろかったなぁ。

そしてパズドラ!さっくさく!すんごい快適。

PS4も快適。でも今プレイしているチョコボの不思議なダンジョンはリモートプレイ禁止とかで画面を飛ばせなかった。えぇ・・・。あぁいうまったりゲームこそ手元のiPad miniで遊びたいのに。

まとめ

iPhoneでは画面サイズの問題でテキストベースの視認性がよくない、かといってiPadは大きすぎて手で持っていると疲れる。

miniは両方の痒いところに手が届く絶妙な大きさと重さなんだよね。

片手で横持ちしていても全然疲れない。これなら電車に乗っている間ずっと持っていても大丈夫そうです。明日からの生活が楽しみです♪