Apple Pencilが使えるiPad miniはいいぞ〜

2019年版iPad mini5を使い始めてからまだ1週間ぐらいだけど、もうなくてはならないものになってる。

というか、いつでもどこでも携帯しているので、あるのが当たり前の空気みたいな存在。今iPad mini5を失ったら窒息する。

1週間がっつり使ってきて、なにがいいのか改めてレビューしたい。

iPhone以上iPad以下の画面サイズがこんなに快適とは

Safariでwebサイトを見ている時もiPhoneより1画面の情報量が多いので視認性はとてもいい。特に読む速度が速い人はiPhoneだとほとんどスクロールしっぱなしだと思うけど、iPad miniだとそういうのがなくなる。

スマニューなんかもちゃんと最適化された画面で表示されるのでとても読みやすい。

dマガジンで読む雑誌もよっぽど小さい文字でなければ拡大しなくてもほぼ読めるので、休憩の時とか寝る前のベッドサイドリーディングでの大きな楽しみになってる。iPadだと重くてすぐに疲れてくるのよ。

iPad mini5だけで仕事してみる

よっぽどヘビーな作業しない限り、Macもいらないんじゃね?と思ったので今日はiPad mini5をメインマシンにして出かけてみた。

持ってきたのは小さなショルダーバッグ。

中身はこんな感じ。

セットした。

持ってきたのはiPad mini5、Apple Pencil、Bluetoothキーボード、アダプター、コードのみ。身につけてるのが財布、BTヘッドフォン、iPhone7。嘘みたいに体が軽い。

使っているBTキーボードはこれ。今回アマゾンで新規購入した。2500円。

もちろんフルサイズキーボードに比べればピッチサイズは小さいけど、十分実用的。矢印キーが使えること、範囲選択やコピペがキーボードでできることで操作性が劇的に上がる。

ちなみにこのキーボード、iPad mini5だとゴムの締め込みがきつくて、はめるのも抜くのも結構力がいる。

なので、背面のゴムは取り外した。粘着物でネチャネチャしていたので、そこにはセロハンテープを貼り、これで程よい締め付けがありながら、抜き差しがすっと簡単にできるようになりました。

今この記事もBTキーボード使って、iPad mini5で書いてる。iPhoneで撮った写真やスクショもiPad miniでリサイズして、ワードプレスにアップしてる。

ほんまにPCいらんかも。

なお、今のiOSはCaps Lockキーだけですぐに英数字と全角日本語入力を切り替えられるので、これもかなり快適。OSで標準対応したそうです。

Split Viewが悶絶するほど便利

iPadで初めて実装された時はなんぞそれ?と思ったものだけど、使い始めるともうこれなしでは生きていけない。iPad miniの画面サイズでも超絶便利。

ブログ書く時もSafariでワードプレスの管理画面を出しておき、Split Viewでエディタを出す。ここではiOS標準のメモを使ってる。

プレビュー画面を見ながら、原稿を書く。

書き終われば、Command+Aで全選択し、Command+Cでコピーする。

それをワードプレスの投稿画面にCommand+Vで貼り付ければ終了。

あとはレビュー画面で確認。

Split Viewだとこんなこともいいねという例がこれ。

財テク系雑誌を寝る前に読んでいて、これいいな、あとでチェックと思ったページはスクショを撮ってる。

後日、そのスクショを見ながら、Split ViewでSafariを開き、実際に株価をチェックする。

気になったこととか数値はそのままApple Pencilで書き込む。

実際このページ以外でも紹介されていた株をいくつかチェックして、そのまま気に入った銘柄を4つほどiPad miniのSafariから買い注文出した。

手書きメモ帳、スケジュール帳は不要に。Good Notes5に一本化

紙のメモ帳、手帳、スケジュール帳がまったくいらなくなった。この1週間、宅配便受け取り時のサイン以外ボールペンで字を書いていない。

手書きメモアプリはGood Notes5を使ってる。もともと4を使っていたんだけど、5には無料でアップグレードできるようだったので5にした。

4に比べて格段に機能や操作性が向上していて、もうこれ一つでいいという出来になってる。iPadやminiでApple Pencilを使うなら、メモアプリは断然これがおススメ。

仕事、プライベートで使うノートを内容ごとに分けて作るけど、タブで切り替えられるので、非常にスピーディに切り替えられる。スケジュール帳も年・週・日の3種類がデフォルトでテンプレートとして用意されてる。

そういえば昨年2018年版iPadを買った時はOneNoteにまとめるという記事を書いたけど、今は使ってない。理由はしょっちゅう同期に失敗するから。Winマシンでもよく起こるし、Mac/iPhone系ならなおさら。

一度同期外れが起こるとなかなか復帰できない。この無駄な時間に嫌気がさして、OneNoteは今は使ってない。

キーボードでがんがんテキストを打つならメモ、手書きで書くならGood Notes5に落ち着いた。

2019年というタブは通常のノートにしてる。毎日日付ごとに新規ページを作り(これがバージョン5からはページをフリックするだけで作れるようになったので、格段に楽になった)、その日すること、書き留めることなどなんでも書いていく。

来週会社の方針発表会があるんだけど、iPad miniでプレゼンしようかと思っていて、iPad mini上でパワポ資料も作ろうかと考えているところ。

手書きメモが活きるのがマインドマップ。これができるから手書き環境がタブレットとかスマホに欲しいのです。

まとめ

1週間みっちり使ってきた感想は

最高〜

の一言に尽きる。それしか出てこない。

とにかくApple Pencilによくぞ対応してくれたと思う。早くiPhoneでも対応して欲しい。それなら指紋センサーなくても次のバージョンは自腹で買うよ。

レンタルオフィスで使っている様子の上の写真は電源をつないでいるけど、ご存知の通りiOS系はバッテリーがめちゃくちゃ持つので、すぐにアダプターを外した。

朝から5時間ほどみっちり使ってるけど、バッテリーの残は61%。余裕で1日持つね。

レンタルオフィスだと疑うわけじゃないけど、昼食などでオフィスを離れる時Macをどうしようかと悩むんだよね。

一応レンタルオフィスには鍵がかけられる無料のロッカーがあるからそこに預けるんだけど、たかだか15分ぐらいの外出にちょっと大げさだなぁといつも思ってた。

これがiPad minidだと「ひょいっ」とジャンパーのポケットに入れられるので、机にはカバンだけ残して気軽に外出できる。

ミニマリストでなくても、この「気軽に」というのはとても重要な要素だと思う。

カメラじゃないけど、ガジェットも「持ち出してなんぼ」だよね。

仕事で使う分にも自分みたいなITエンジニアだとサーバーへのリモートログインが必要になるけど、iOS用の無料SSHクライアントソフトがいくつかあるので、それとキーボードがあれば十分。

あとはVMなんだよなぁ。今のチップだとVirtual BoxぐらいiOSで動きそうなもんだけど、なんとかならないかなぁ。

ちなみにファイル同期は自前で立てたサーバーにNextcloudを立てて運用しています。これでiPhoneでもiPadでもMacでも、いつでも同期された最新のファイルがどこからでも取り出せる環境になります。

素直にGoogle Driveとか使えばいいんだけど、自分の場合同期したいフォルダの容量って数百GBクラスになるので、月々の課金額もバカにならないのでね。自前で立てました。