別次元の乗り心地!パナソニックの電動自転車「BE-ELVS77B」を買った、乗った、レビュー

10万円切りのE-BIKE

先日クロスバイクでレンタルオフィスに行った時のこと。北風の強い日で行きは追い風になり、超楽ちんだった。足に力入れてないのにケイダンスは上がるし、時速は常時25km/hを超えてる。

これなら雨さえ降らなければ毎日クロスで行くべぇと思っていたのは多摩川を走っていた時だけのこと。

市街地に入ると結構な上り坂が多く、特にレンタルオフィス手前は長い長い上り坂になっていて、登り切る頃には足にきてた。

そして帰り。

出だしは下り坂だから楽ちん。

しかし多摩川に出ると今度は超きつい向かい風でペダルを回しても回してもスピードが上がらない。15km/hも出ない。それぐらい強い風がずっと吹いている日だった。

帰る頃には足がパンパンになっていて、もういい、自転車ではレンタルオフィスまでは行かんと思ったのでした。

しかし、「電動自転車なら・・・」と欲が出た。去年ジャイアントのクロスを買ったばかりなのに。

一応調べてみるだけ・・・と調べたら、まず真っ先に目についたのがジャイアントが昨年末に出したE-BIKE。これは以前から知っていた。さすがに満を持して出してきただけのことがあってスペックがいい。

特にバッテリーの持ちがよくて、普通に乗る分なら1回の充電で100kmぐらいは行けそうというスペック。

E-BIKEを買うならこれと思っていた。

しかし、高いんだ、これ。30万円ぐらいする。

いや、まぁ、あの強風でスピードが出ずに足がパンパンになって、なんならジョギングの人に抜かれそうな惨めな思いをこれからもするぐらいなら30万出してもいいかと思った。

しかし、いろいろ見てると、パナソニックから10万円切りのE-BIKEがあることを知った。調べれば調べるほど「これでいいんじゃね?」と思ったので買った。

Amazonで買ったけど、お店の対応がとてもよかった。

買ったのはパナソニックの「BE-ELVS77B」というモデル。アマゾンで96,000円ぐらい。

複数の店が出品してるけど、自分は今回ジテンシャデボという滋賀県のお店から買った。ここがとてもよかった。

まず自分がアマゾンに登録していた電話番号が間違っていたため、家に速達ハガキがきた。何事?と思って見たら、電話したけどつながらなかった、一度連絡が欲しいと書いてある。

電話するとつながらなかったんだけど(電話したのが日曜日で、土日祝日は休業とアマゾンのページに書いてあった)、1時間ほどして折返しの電話があった。休み中にすいません。

話を聞くと、今週金曜日配送予定とアマゾンではなっていたけど、近くの配送所までモノが届いており、なんでしたら今日お届けできるのですがという連絡だった。

それ、連絡をくれるとしても配送業者がくれるよね。店が連絡くれるのか。普通は配送して終わりという店が多いのに(それが当たり前だと思う)。

今日はこの後ずっと家にいるので、じゃぁお願いしますということで日曜日の夕方、届けてもらった。

開梱して知ったんだけど、アマゾンのページになかったいくつかのおまけがあった。
・自転車カバーが入ってた
・本体にもロックはついているけど、それとは別にアースロック用のワイヤー鍵を入れてくれてた
・防犯登録してくれてた

これはアマゾンのページに書いてあるわけではないので、いつもしてくれる保証はないけど、特に防犯登録は嬉しかった。滋賀県で登録してあるけど、全国で使えるので問題ありませんと書いた紙が入ってた。

もちろんぜんっぜん構いません。普通通販で自転車を買ったら近くの自転車屋さんに防犯登録をしにいかないといけないのだけど(当然有料)、面倒臭いなぁと思ってた。

紙には「滋賀県が嫌でしたら、お近くの自転車店で有料にはなりますが登録をしてください」と書いてある。滋賀県でぜんっぜん構いません。ほんとーにありがとうございます。

アマゾンのレビューでは通販の自転車の場合「開梱したらフレームに傷がついていた」とかたまに見かけるけど、梱包も丁寧だし、おまけも入ってるし、適宜連絡もくれていたし、まったく心配なく、むしろ感謝したくなるような対応をしていただいた。初めてアマゾンでお店レビューを書いたよ。もちろん☆5です。

レビュー

まずはバッテリーの充電。

こんな感じで充電器に対して斜め前傾姿勢からバッテリーを差し込み、

かちっと後ろに倒すとはまってセット完了。

「押」ボタンを押すと充電度合が分かるようになってる。今回は満充電状態で送付されたのですぐに使えるようになっていました。

本格的には翌日のレンタルオフィス通いから乗ることになるけど、使い勝手を知っておきたくて近所を走ってみることにした。

本体のここにバッテリーをはめます。

充電器と同じように斜め手前から差込、

本体側へかちっと倒すとセット完了。ちなみに左横に鍵があるけど、一度バッテリーをはめると鍵を回さないと外せないようになってる。外出先でバッテリー盗難を防ぐためにバッテリーを外して自転車を離れるという電動ママチャリの話を聞いたことがあるけど、多分今はどの自転車もこういう鍵がついているので問題ないと思う。てか、バッテリーだけ盗んでどないするんだ?

ちなみにバッテリーの鍵は本体のロックと同じものになっており、バッテリーも自転車もロックできるようになってる。

右ペダル側のチェーン部分にはカバーがついてる。これがいいんですわ。ジーンズとかのパンツの裾が当たらない。

さぁ、乗ってみるよ。

まず、このバイクは最初に電源を入れる。走り出してから電源を入れると電動アシストが作動しないこともあるそうです。

「MODE」ボタンを押すと表示が代わる。あと35km走れるよという表示。ちなみにこの残り走行距離は法律で定められた基準によって計測されたものらしいけど、他のE-BIKEを含め、レビューを読んでいるとメーカー公称値よりはるかに長い距離を走れるようです。多分基準が厳し目なのでしょう。このパナソニックのE-BIKEも実際には50kmぐらいいけるようです。

残り151分走れるよ表示。

そして時速表示。走り始めたらこの表示にしておきます。

ひとつ「嫌だな」と思ったのが、このシフトチェンジ。自分は普段ジャイアントのクロスバイク「Escape R3 2018年モデル」を乗ってるけど、シフトレバーはシマノ製で、これが実に軽くて気持ちのいいシフトチェンジャーなんですわ。一方でこのグリップをぐいっと回すタイプは苦手なんだよね。

ところが実際に走り始めてシフトチェンジすると杞憂だった。今どきのグリップタイプのシフトチェンジャーってすごい軽くて、軽く回すだけで「かちっ」と気持ちのいい音を立てて、ギアチェンジできる。

走ってみた

電動アシスト自転車の特徴の一つとして、走り出しにもアシストされることがある。

どういうことかというと、普通の自転車だと止まった状態から漕ぎ出す時「よいしょ」と結構強い力をかけて踏み出すよね。あれがないの。

ペダルを1/4〜半分ほど回すと自転車側が「走り出した」と認識して、電動アシストが起動する。すると「ぐいっ」と前に引っ張られる。

初めてこれを経験した時はちょっと焦った。「ちょっと待て」と。

自動車のクリーピングみたいな感じ。マニュアルからオートマに初めて乗り換えた時って焦ったよね>昔の人。ブレーキ離すだけで自動車が前に進むので「ちょっと待て」と焦るわけ。

あんな感じ。

でも慣れたら、これが実に快適。ほんとに快適。

信号で止まったり、コーナーを曲がる時減速した後って、クロスやロードだと減速前にギア落として、漕ぎ出した後スピードが出てきたらギアを上げていくじゃない?あれが不要なの。

信号で止まる→青信号になったので軽くペダルを回す→電動アシストが勝手に加速してくれる→ほとんど力を入れずにペダルを回してるだけなのに20km/hまでぐんぐん加速する

この「ぐんぐん加速する」がポイントで、ほんとに力を入れてないのに気づいたら20km/hぐらいになってる。

クロスで20km/h出そうと思ったら結構ペダリングするからね。

日本の法律上24km/hを超えると電動アシストがオフになるようになってるけど、市街地を走るなら20km/h前後がちょうどいいと思う。それ以上出すと危険。自分は大丈夫でも、横道から子供が急に出てきた時なんかは対応できない。

軽く近所を走ってみた感じ、平らな道だと20km/h前後の一定速度で走るように電動アシストしてくれる感じだった。これは快適だわ。自動車で言うとACC(オートクルーズコントロール)が効いてる感じ。

これを経験すると普通の自転車に戻れないなと正直思った。これはもう自転車ではなく、まったく別の乗り物だと思ったよ。

坂道を登ってみる

近所では有名なこの上り坂を登ってみます。

これが噂通りの快適さで、足に力入れてないのに(とはいえ、平坦な道よりは多少力を入れる)こんなにスイスイと登れていいのかというぐらい。写真の右側にママチャリの女性がいたけど、楽々とこの自転車を追い越していったよ。

登りきったところから富士山。いつもはこの下に見える小川で鳥撮りしています。

小川沿いのこの急な上り坂。いつも見ているだけで登ったことはないんだけど、行ってみたら楽ちん楽ちん。

ギアは「5」固定で登ってみました。ぶっちゃけ、ギアチェンジいらないんじゃね?というぐらい。上り坂も発進時もアシストが効くからギアを軽くする必要もないし、スピードを出す乗り物でもないので重いギアにする必要もない。

登りきって高速道路の上まで来ました。

いやぁ、いいっすわ、これ。

レビューでは充電器が大きいと書いている人が結構いるけど、自分的にはそれほどでもない。なにより軽い。

だから自転車で宿泊旅行とか行くならこれをリュックに入れても苦にならないと思う。

長距離ライドもしてみたいと思うので、予備バッテリーを買ってもいいかなと思った。

明日からのチャリ通が楽しみです。