ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォン WH-1000XM3を買ったらすごかった

ヘッドフォンはソニーが好き

昔からオーバーヘッドにしろインナーにしろヘッドフォンはソニーが好きです。いわゆる「どんしゃり」と表現されるぶっとい低音と宝石のように抜けのよい高音がとても好きでした。

ソニーのノイキャンヘッドフォンは随分前に有線のオーバーヘッドタイプのものを持っていました。当時で2万円ぐらいしたのですが、肝心のノイキャンに関しては「うーん、まぁ、こんなもんかな?」という感じでした。飛行機の轟音が消えると謳われていたのですが、まぁそこまでは・・・という感じ。軽減はされるけどね。

AirPodsは毎日使っているが・・・

Appleのエコシステム(MacにiPadにiPhoneにAppleWatchとか)を組んでいるとAirPodsってめちゃくちゃ便利なのですよ。

でも音はよくない。電車に乗ってる時アナウンスを聞く意味もあってAirPodsを買ったけど、音質は「思ってたより悪くはない。けどどう贔屓目に見てもよくはない」というレベル。

これで2万円前後の値段つけるんだから、ほんとアップルってアグレッシブ。

ノイキャン+音質のいいヘッドフォンが欲しかった

というのも最近会社に行くことはほとんどなく、レンタルオフィス(コワーキングスペース)でこもっている時間が多い。うるさくはないんだけど、電話の話し声、鼻をかむ音、キーボードを叩く音が気になっても周りは知らない人ばかりなので基本的に我慢するしかない。うるさいってほどでもないんだけどね。

しかし、今回買ったWH-1000XM3の前身XM2はいたるところで絶賛されていて、こういったパブリックスペースにおいても「まるで自分だけの専用空間にいるみたいだ」と表現している人が多数いた。

そうか、そこまで言うならソニー製ということもあって自分も買うかと最新モデルのXM3を買いました。

届きました。

日本メーカーの製品を買うといつも思うのですが、きれいな化粧箱に収めつつ解体が実に簡単にできるようになってる。つまり畳んでゴミ箱に捨てやすい。これがアップルを始めとして米国製品は実に解体しづらくて、ここだけは日本メーカーを見習えと切に申し上げたい。

中はケースに入ったヘッドフォンと取説だけというシンプルな構成。

L側に「ちょぼ」がついていて、触るだけで左右が分かるようになっている配慮。多分使わないけど。

右側はタッチセンサーになっていて、これだけでほぼ完結できる仕様。素晴らしい。自分はAppleWatchでコントロールするので多分使わないけど。

肝心のノイキャン性能は?音は?

まずノイズキャンセリングについて。

これは評判通り「素晴らしい!」の一言。

電源入れて、ヘッドフォンをつけた瞬間「すっ」と外部の音が消える。まさに音が「消失」する。

つけた瞬間足がふわっと浮いて自分だけ宇宙空間に放り出されたような感覚になる。よく効くノイキャンヘッドフォンをつけるとこの不思議な感覚を味わうよね。

つけ心地も抜群。夏は蒸れそうだけど、それ以外は長時間つけていても多分耳は痛くならないだろうなというほど装着感はソフトでかつ密着する。

音質に関してだけど、低音は抜群、ただ高音の抜けはもう一歩欲しかったというところ。「意外とこもるな」という感じでした。

しかし、音場の広がり、解像感は凄まじくて、まずノイキャンによって「すっ」と外部の音が消え、まるで世界に自分ひとりしかいないような錯覚が生じ、音楽が始まると頭の中で左上右という180度の天空パノラマなサウンドが広がる。

これはすごい。

今オジーの「Mama, I’m Comming Home」聞きながらこれ書いてるんだけどさ、出だしのアコギが「ぶわっ」と頭の中で広がって、ど真ん中からオジーの歌声が入ってきて、中心から少しだけ左にずれたエレベのぶっといサウンドが重なってくる。

この曲のベース、こんなに動いていたのか・・・というぐらいエレベの音がぶっとく、豊かに響く。

いや、すごいわ、これ。

AirPodsで聞いていた時はもちろんこんな細かいところまでは分からなくて、20年ぶりぐらいに「そういや、この曲、すげぇきれいだったんだな」って思い知らされました。

続いてプレイリストに入ってた同じくオジーの「No More Tears」を聞いてみる。

・・・ベースだ。やはりこのベースの押しがつごい。

どう表現すればいいのかな。

普通数万円〜10万ぐらいする高級ヘッドホンって、音の広がり(解像度)と高音から低音までの伸びがすごいのは当然なんだけど、どことなく「遠い」のよ。

ところがこのヘッドフォンは音が「近い」。

10万クラスのヘッドフォンはコンサートホールの真ん中あたりで聞いてる感じなんだけど、このヘッドフォンはいわゆる「かぶりつき」、舞台から5mも離れていないところで聞いてる音が鳴る。

だからほんとに目の前でオジーが、ザックが演奏しているぐらいの臨場感がある。

いやー、これはいい買い物したなぁ。高音の抜けはエイジングすればよくなってくると信じよう。

自分は普段はあまり聞かないクラシックだけど、これだけ強烈にノイキャンが効くとクラシック好きの人にもおすすめできるヘッドフォンです。

ふと思ったけど、このヘッドフォンでホラー映画見たら・・・怖いだろうな・・・