【レビュー】iPhoneのデータ管理/転送/バックアップソフトの決定版かも:iMobie AnyTrans for iOS使用レビュー

* 本記事はiMobie(アイモビーソフト有限会社)社より依頼を受けたレビュー記事です。
* 記事を書くにあたって「実際に使った感想、いいところ悪いところは率直にすべて書きます」ということで了承を得ています。
* 記事を公開するにあたって事前にiMobie社に原稿チェックをしていただいています。商品の情報や使い方に間違いがないか確認していただくためです。

iMobie AnyTrans for iOSとは

中国のiMobie社が開発しているiOS用のデータ管理ソフトです。Mac/Windows両方に対応し、無料版もあります。
AnyTrans for iOS

できることを並べると
・iPhoneやiPadとMac/Windows間でファイルのやり取りができる
・旧iPhone→新iPhoneへデータコピーできる
・PCにiPhoneの画面を表示できる。画面録画もできる
・PCへフルバックアップ、増分バックアップができる
・着信音を設定できる
・youtubeなどから動画をダウンロードできる

MacユーザーだとiTunesや写真アプリを使うと似たようなことはできるけど、統合的に管理できるソフトは一本あった方が便利です。

特にCatalina以降MacはiTunes/Music/写真とソフトが分かれたため、ひとつのソフトで写真や音楽データを管理することが面倒になった。

また、ヘビーユーザーになればなるほどMac標準ソフトのいけてないところが目につくようになり、そういった痒いところに手が届くソフトであれば有料版を購入するメリットにもなります。

以前似たようなソフトでEaseUS MobiMoverをレビューしました。

【レビュー】iPhone/iPadとPC/Mac間で簡単にファイル転送ができるEaseUS MobiMoverを試す

MobiMoverもよくできていて、実際レビュー依頼があってから今日まで毎日使っていたけど、今回レビュー依頼をもらったAnyTrans for iOSはさらに洗練されていて、個人的には乗り換えました。

無料版でトライアルもできますが、フルに永続的に使うのであれば購入する必要があります。今回iMobie社からMac版のAnyTrans for iOSライセンスコードを提供していただき、本記事は有料版のレビューになります。

年間ライセンス版もあるけど、+1,000円なので買うなら永久版を購入した方がいいと思います。2019年11月現在で4,980円です。
無料ダウンロード/ライセンス購入ページ

MobiMoverは無料だけど、あのソフトではできないことが2つほどあって、ヘビーユーザーならそれに対応しているだけでもAnyTransは買いかなと思います。特にアップルの標準ソフトではいつまで経っても対応しないある機能が実装されているだけで、「これできるのか!」と声を上げたほどです。

逆にそこまでのヘビーユーザーでなければMobiMoverで十分でもあります。

AnyTransについては公式サイトにいくつか紹介記事もあるので、こちらも参考にしてみてください。
AnyTrans機能 – PC/Mac間でiPhone写真を整理・転送
最新版iTunes代替ソフト:iTunesの全てを極めて簡単かつ直感的に
AnyTransのバックアップ機能 – iPhoneデータを自動または手動でバックアップ

では今回のAnyTrans for iOSを詳しく紹介していきましょう。

環境

・MacBook Pro(13-inch,2019,Four Thunderbolt 3 ports)
 2.8GHz クアッドコアIntel Core i7/16GBメモリ/512GB SSD/Catalina 10.15.1
・iPhone11 Pro(256GB、iOS13.2)
・iPhoneSE(32GB、iOS12)

常用しているiPhone11 Proがメインスマホで、テストのため今は使っていないiPhoneSEを引っ張り出してきました。Mac版AnyTransは有料ですが(無料版もあるけど)、iPhone用アプリは無料です。

起動する

公式サイトからソフトウェアをダウンロードし、Macにインストールし、最初の画面でライセンスコードの入力画面が出るので、いただいたライセンスコードを入力します。

するとこのようなホーム画面が表示されます。左側にメニュー一覧、中央〜右側に詳細という画面構成で分かりやすいですね。

画面ミラーリング

普通トップメニューのデバイス管理を試すんだろうけど、画面中央に表示されているiPhoneのホーム画面の下にアイコンがある「画面ミラーリング」が気になったのでクリックしてみました。左側メニューの一番下にある「画面ミラーリング」をクリックするのと同じです。

するとiPhoneの画面をMacに表示する機能になります。

おぉ・・・こんなことできるのか・・・。MobiMoverにはなかった機能です。

必須か?と言われたら微妙だけど、iPhoneのアプリレビューやゲーム実況をするyoutuberだとありがたい機能じゃないかな。

iPhoneの画面操作(やゲーム実況)を録画しようとするとMacに接続してQuickTimeを使う人が多いと思うけど、やったことがある人はご存知の通り、あれ、めちゃくちゃ不安定なんですよね。

何回やってもQTにiPhoneの画面が表示されない、やっと表示されたと思ったら途中で落ちる、音が撮れてない、途中で音だけ死ぬとか散々。

なまじ機能が実装されているだけに使っていて、コケたら「ふざけんな、アップル」と言いたくなる。特にゲーム実況はやり直しがきかないからね。

不具合だらけのまま公開するぐらいならいっそのことQTから機能を削除してくれればすっきりするのに。

なので僕が見る限りiPhoneゲームを実況しているyoutuberはiPhone自体の録画機能を使っていることが多いですよね。もうQTを使っている人は見かけなくなった。

AnyTransの画面ミラーリング機能にはiPhoneの画面録画機能もあるので、試しにパズドラを遊んでいる様子を録画しました。

20分ほどのプレイを問題なく収録。もちろん音声も撮れています。日付が入ったファイル名でMP4として保存されていました。うん、これはいいね。

ただし、QTの録画機能に比べて、Mac側で鳴るiPhoneの音が結構遅延するのでゲーム実況用には向かないと思います。iPhoneから音は出なくなるし。

デバイス管理

さて、改めてメイン機能を使ってみましょう。

まず「なにも考えずにファイル形式に応じて自動転送」してくれるファイル転送を試します。Macにある280MBほどの動画ファイルをiPhoneに転送します。

数分で完了。動画の場合はiPhone上の「AppleTV」アプリの「ダウンロード」タブに保存されます。

次にiPhoneからMacへファイル転送をしてみましょう。

Macにケーブル接続しているiPhoneのファイル一覧が左に表示されます。写真を転送するなら「カメラロール」タブをクリックすると、iPhoneにある写真が表示されます。

このソフトが優れている点の1つが、HEICをJPEGに変換してくれる機能。HEICは高圧縮高画質で優れたファイル形式だとまだ一般的ではないので、iPhoneやMac以外だと表示できない可能性がある。

マカーだとMacのターミナルソフトを使って変換できるけど(もちろん写真アプリでもできるけど、数十枚以上のファイルをちまちまやる?)、これを転送段階で自動的にJPEGに変換してくれる機能はいいね。僕は使わないけど(ターミナルでシェルスクリプト組んでいるので)。

なお参考までにHEICをJPEGに変換するコマンドは以下のようになります。HEICがあるディレクトリで実行します。

find . -name ‘*.HEIC’ | xargs -IT basename T .HEIC | xargs -IT sips –setProperty format jpeg ./T.HEIC –out ./T.jpg;

さて、僕自身が以前のMobiMover含めてこの手のソフトで死ぬほど使う機能が、「iPhoneの動画をMacに持ってくる」機能です。正直MobiMoverでも問題なかった・・・というか満足していたんだけど(Macの写真アプリの共有機能がいけていないため。詳しくはMobiMoverのレビューを参照してください)、AnyTransはどうかというと・・・

最初iPhone上の動画がどこにあるか分かりませんでした。

MobiMoverではMacに接続したiPhoneのアイコンをクリックし、「写真」タブをクリックするとiPhoneの写真アプリにあるファイルが全部見えたのですが、AnyTransの「カメラロール」では写真だけです。もちろんiPhoneの「カメラロール」には動画もあります。

で、分かったのがAnyTrans画面の左メニューを下へずいーっとスクロールしていって出てくる「カメラムービー」にありました。写真と動画を仕分けして表示しているのね。

MobiMoverの画面に慣れていたので最初「面倒だな」と思っていたけど、逆にAnyTransの方が使いやすいことに気付きました。

というのも、僕の場合何度も書いているように毎日数十本撮っているフェレット動画をしょっちゅうMacに転送してバックアップ保存しているわけですが、MobiMoverの画面だとファイル一覧から動画だけを選択する必要があるんです。

AnyTransのこの仕様だと「動画だけ全部選択」ということが容易になります。うん、僕にはこっちの方がいい。

iPhoneで動画撮影している人は、PCへバックアップ転送が終わった後iPhoneの「写真」アプリ→「アルバム」→「ビデオ」とたどってゴミ箱へ削除していると思うけど、あんな感じです。

で、1つめの「おぉ、いいね!」と思ったのがこれ。表示形式をアイコンからリストに変更するとファイル名とか動画の解像度、作成時刻(撮影時刻)、ファイルサイズといった情報が表示されるんです。

いや、これはクッソ便利。つか、ご存知のようにiPhone標準の「写真」ってファイル名が分からないんですよ。作成日付/時刻も分からない(動画をタップして再生すると画面上部に表示されはするけど)。

普通ファイラーといえばこれぐらいの情報表示は期待してしまうけど、アップルが実装しないからサードパーティのこういった機能がとてもありがたく思えます。

さて、今回は全部の動画ファイルをMacに持ってくることにします。

画面右上にあるMacへ転送というボタンを押すと、そのまま持ってくるかMP4に変換するかを選べます。元ファイルをそのままバックアップしたいので、「オリジナル形式に出力(MOV)」を選択して、go。

MobiMoverのレビュー記事でも書いたけど、Mac/iPhoneの標準連携では対応していない「途中経過バー」も当たり前のように表示されます。

動画を28本なので時間かかったけど、20分ほどで転送終了。

指定ディレクトリにAnyTransがサブディレクトリを作成してファイルを保存します。

これ、MobiMoberも似たような動作だったんだけど、できればサブディレクトリを作らず、ファイルをそのまま指定ディレクトリに保存するオプションも実装してくれないかな。

というのも僕の場合Macに保存したいわけではなく、最終的にはどでかい外付けHDDにフルバックアップしているんですが、HDDの方に日付ごとにディレクトリを切ってあるので、そこへ生ファイルをぽんぽん放り込みたいのですよ。

しかしソフト側で深い階層のサブディレクトリを作られちゃうと、その下の動画ファイルを手動で選択して移動する必要があるんです。大した手間じゃないけど、毎日やってることなので直接指定ディレクトリにファイルを保存できるようになるとありがたい。

さて、次の機能であるiPhoneの「ホーム画面の管理」。MacからiPhoneのホーム画面のアイコンの並びとか変更できるみたいだけど、今回試した限りでは変更できませんでした。AnyTrans上では変更されているけど、「適用」ボタンを押しても、iPhoneには反映されませんでした。

「ホーム画面の管理」機能のひとつである「スマート分類」。AnyTransが自動でカテゴリーを判断して分類してくれるみたいだけど、まぁ正直使わんね。

破損アイコンを削除する機能もあります。なるほど。でも使わんな。やるならiPhoneにログインしてから手動でするから。

これだけでも買い!と狂気した機能

大げさに書いてるけど、アップルの標準機能では未対応なことはもちろんのこと、MobiMoverでもできなかったので「アップルが機能を開放していないのかな」と諦めていたことが、AnyTransではできるんです。

いや、まじで「できるんかい!」と知った時には「これだけで買い!」と声上げましたもの。

いや、ま、ライセンスコードはもらったんですけどね。でもね、レビュー依頼でなければ多分自分で買ってた。

それはこの機能。MacからiPhoneへファイル転送をするものなんだけど、JPEGやMP4を自動仕分けするのではなく、ユーザーが任意のiPhoneのアプリへファイル転送するモードなのですが

CatalinaのfinderではiPhoneの各アプリのトップディレクトリまでしか保存できない。

どういうことかと言うと、僕の場合iPadの話ではあるけど動画編集にLumaFusionを使っています。つか、そのためにiPadの2019年モデルを今年買った。

で、LumaFusionで動画を扱うには標準の「写真」アプリの動画を直接インポートできるんだけど、写真アプリ自体がファイル管理機能としては貧弱なので使いたくない。

そこでLumaFusionが指定する動画ディレクトリ(~/LumaFusion/UserMedia/)に動画を放り込みたいのだけど、Catalinaのfinderでは~/LumaFusion/ディレクトリまでしか見えないというか見せてない。

だから大量の動画ファイルを一度LumaFusion/ディレクトリに転送した後、iPadにログインしてiPadの「ファイル」でLumaFusion/ディレクトリにある動画ファイルをいちいち選択して、UserMedia/ディレクトリに移動させていたんです。

これが面倒くさい。特にUserMedia/の下に日付や内容でディレクトリをさらに切っている時には「こんなことちまちまやってられっかー」と放り出したくなる。

それがAnyTransではMacから転送する段階でできるんです。LumaFusionのサブディレクトリである「UserMedeia/」を指定していることにご注目。

無事転送できた。もちろんサブディレクトリにあるファイルを削除もできます(Mac標準機能ではできない)。

いや、まじで「できるんかい!」って思いましたもの。どのサードパーティソフトにも実装されていないので、てっきりOS側の制限だと思っていました。

もうね、これができるだけで、このソフトは買いと思いました。もらったんだけどさ。

フル転送

さて、「デバイス管理」の最後の機能として、Macへファイルをフル転送してみます。あとで出てくるバックアップと違って、こちらはあくまでデータのみの転送。

当然プログレスバーが表示され、今どのあたりまで完了しているか表示されます(アップル標準では表示されない)。

40分ほどで転送完了。2つほど転送に失敗していた。失敗するのはいいけど、どのファイルが転送できなかったのか確認できるようにして欲しいですね。

新旧移行する時に便利な「フォンスイッチャー」

さて、左側メニューの上から2番目にある「フォンスイッチャー」を試します。これは機種変などでiPhoneを新しくした時、古いiPhoneから新しいiPhoneへデータをコピーするものです。

なお、またMobiMoverの話になるけど、この機能はMobiMoverではレビュー当時Catalina+iOS13では動きませんでした。データ転送完了とメッセージは出るけど、実際には連絡先とかのデータはコピーされていませんでした。

iOS13での不具合かもしれませんとの回答で、まぁそうだよなぁ、iOS13は不具合だらけだしなぁと納得したもので、正直AnyTransもiOS13では期待していませんでした。

今回はメイン機であるiPhone11 Proを上書きされると困るので、iPhone11 Pro→iPhoneSEという方向にデータコピーします。

iPhoneSEをMacに接続すると、まず「信頼」しなさいと警告され、

信頼するとAnyTrans上にSEも表示され、

とりあえずフル転送してみることにします。対応はしているけどiPhone上にデータがない場合(例えばボイスメモとか)は、グレーアウトして「データはないよ」となっています。

フル転送だったので結構時間は必要で、40分ぐらいかかりました。

ほどなくして終了。

iOS13でもちゃんと転送されていました。3,000件以上ある連絡先のデータもすべて転送されていました。おぉ・・・。

なので、こちらも期待していなかった「アプリをiPhoneに移行」という機能も試してみます。これもMobiMoverでは似たような機能があるものの、iOS13では動きませんでした。

さっきと同じようにコピーする方向を間違えないように確認して、

今回はとりえあず1つだけ転送することにします。全部だと時間かかりそうなので。

しかし転送先であるiPhoneSEにすでにアプリがある場合は警告が出ます。

改めてSEにはないアプリ(今回はIoTアプリの「家電リモコン」をコピー転送)を選択すると、AnyTransも転送モードに入ります。

Apple IDを入れろと出ます。そらそうだよね。

で、最近のAppleIDは2要素認証になってるので、ここでも6桁のショートコード入力が求められます。

それが終わると「iPhoneを探す」機能をオフにしろと出ます。毎回思うけど、このiPhoneを探す機能自体は便利だけど、廃棄する時とかに邪魔になるのでなんとかならんのかな。

11ProとSE両方で「iPhoneを探す」機能をオフにすると、ようやく転送が始まりました。

多分だけど、11Pro→SEへコピーしているのではなく、11Pro→AppStore→SEという方向へ情報を流し、AppStoreからSEへ自動でダウンロードさせているのだと思う。MDMでよくやる手法だね。

ほどなくして転送完了。

ただまぁ予想通り、アプリがインストールされただけで、データは転送されていませんでした。でもアプリ自体はちゃんとSEにインストールされていました。

このアプリの場合11Proで使っている家電(テレビとかエアコン)のリモコン情報はSEには転送されておらず、新規アプリとしてSE上では見えていました。

データまで同期してくれると便利なんですけどね。

でもまぁ、新しいiPhoneを買ってきた時にAppStoreに行って購入履歴からいちいち探すよりは、手元のiPhoneを見て「これは新しいiPhoneでも使うな」というアプリをAnyTrans上で選択して、ダウンロード/インストールする方が手間いらずですね。

バックアップ管理

AnyTransではバックアップもできます。さっきのアプリデータをフル転送するものではなく、iPhone自体のバックアップ機能です。iTuneで行うバックアップと同じですね。

iTunesと同じく、AnyTrans上でもバックアップファイルを暗号化できます。どちらのソフトでも同じだけど、これはしておいた方がいいです。

初回はフルバックアップ(+暗号化)なので結構時間がかかります。20分ぐらいかかったかな。

2回目以降は「増分バックアップ」を使えばいいので、時間はもっと短縮されます。Macのタイムマシンみたいなもんだね。

他の機能

あと、ソーシャルアプリのデータ移行という機能があり、WhatsAppとかViberは日本ではあまり使われていないので使うとしてもLINEぐらいかな。FacebookとかTwitterとかインスタのログバックアップとかあれば便利だけど(Facebookへリカバリーできなくてもいいけど、HTMLで過去の発言とかが見えるようなモード。DayOneアプリあたりで実装されている機能)、中国からはこういったSNSには軒並みアクセスできないので難しいかも。

あとAnyTransにも動画ダウンロード機能があります。これ、中国では必須なのかしらん?

僕のチャネルからひとつ動画を落としてみます。

ちゃんと動画が認識され、ダウンロードできました。元ファイルは1080pだけどダウンロードは720pまででした。仕様?

面白いのが着信音作成/転送機能もあることです。MacにあるMP3を指定するとトリミング画面が出て、「デバイスにインストール」ボタンを押すとiPhoneへ転送されて使える・・・はずが・・・

ここでフリーズします。Macのファンが盛大に回り始めました。

AnyTransが暴走し始めました。

しかし、あとで分かったのですが、iPhoneへの転送はちゃんと行われていました。

できていないと思って3回試したのですが、3回とも暴走→終了したのですが(強制終了ではなく
)、そのおかげでiPhoneには同じMP3が3つもできていました。

もちろん転送したMP3はiPhoneで着信音として使用することが可能でした。

まとめと結論

時期が近かったのでMobiMoverと比較しがちだったけど、「絶対無料がいい」という人にはMobiMover、「コストメリットがあるなら多少は払ってもいい」という人にはAnyTransをオススメというのが今の段階での正直な感想。

普通の使い方なら無料のMobiMoverで満足できるはず。

しかし、冒頭にも書いた通り毎日iPhoneやiPadやMacを使い倒している人ほど、アップル標準のソフトやMobiMoverでは「痒い!そこが痒いのだよ、ワトスン君!」と言いたくなる部分があり、それがAnyTransでは手の届く作りになってる。

今回はライセンスコードをもらったけど、まったく個人的に探して使うケースだとしても僕はAnyTransを買っていたと思う。

特にiPhoneの各アプリのサブディレクトリにファイルを放り込める仕様はこのソフトしか見たことがなく(アップル標準でもできないのに)、それだけで数千円の価値はあります。

僕の場合LumaFusionへ動画ファイルをコピーする時に効果絶大だけど、他にもデザイン系ソフト(最近出たフォトショとかAffinityPhoto、Pixelmator Photoとか)や音楽系ソフト(ガレージバンドとか)あたりではメディアファイルを指定ディレクトリに直接転送したいことがよくあるので、それだけでもAnyTransの価値はあると思います。

今回一通り機能を試した限りでは、iPhoneホーム画面の変更だけが動作せず、また着信音作成でプロセスが暴走したけど、それ以外はiOS13でもちゃんと動きました。

ここまで来たら「欲が出るなぁ」という要望点が3つほど。「あったらいいな」レベルです。
・Facebook/Twitter/InstagramといったメジャーSNSのログバックアップ
・iPhone→Macへファイル転送する時にAnyTransがサブディレクトリを作るのではなく、直接指定ディレクトリへファイルを保存する機能
・転送に失敗したら、どのファイルが失敗したのか表示して欲しい

以上です!

AnyTrans for iOSのダウンロードはこちらから。
製品ダウンロードページ(Windows/Mac版とも)