麻雀が強くなりたい?なら、これを読もう

麻雀が強くなりたい?なら、これを読もう

麻雀は面白い

麻雀は面白い。自分はオセロや囲碁、将棋、モノポリーなど素人レベルながらいろいろ遊んできたけど、麻雀が一番面白いと思ってる。

ビジネスで成功したいと思う人も麻雀はマスターすべきと思ってる。その理由は最後に記す。

ここではまず、「麻雀は面白いと思うけど、なかなか強くなれない。リーチをかけられたら、いつもベタオリ。相手の手配を読むなんて超能力者じゃないから無理!」と思っている人向けに、強くなる方法を紹介する。

まずこれを読もう

というか、これを読むだけでいい。

それはムツゴロウこと畑正憲氏が記した麻雀打ちのバイブル「畑正憲の精密麻雀」だ。残念ながら絶版、増刷されていないので、入手するなら古本かブックオフみたいなところで買うしかないけど。

 

畑正憲の精密麻雀―二倍勝つためのテクニック
畑正憲
実業之日本社
売り上げランキング: 818,287

世の中にたくさんある麻雀本。もっと強くなりたいと思っている人は、すでに何冊か読んでいることでしょう。

だから、「こういう場面ではこう捨てるのが正解」とか、主に手作りの技法については詳しいと思う。

でも「相手の捨て牌から相手はどういう手配なのか読む」ことができないのだと思う。

だから、リーチをかけられたら、いつも博打になるし、ダマテンなどされようものなら警戒すらできない。

そこでこの本だ。

驚くなかれ。

前半の半分ほどを使って、捨て牌の読み方が延々と解説されているのだ。しかも、ほとんどが実際に打たれた記録から解説をしている。

ここを読むだけで、昨日とは違った麻雀が打てるはずだ。

例えば、15巡目ぐらいの比較的遅い段階で誰かがリーチをかけたとしよう。

相手の捨て牌を見る(というか、ツモ切りか手配出しかは毎回チェックしておく)。

3巡目に七萬が出てる。

とすると、八萬、九萬はまず安全牌。

逆に5巡目ぐらいの早いリーチで、3巡目に七萬が出ていたら、今度は逆に八萬、九萬は超危ない。

これは簡単な例だけど(ほぼ常識レベル)、そういった相手の捨て牌を見ながら「なぜ、ここであの牌が出てきたのか」を推測していくロジックが、これでもかと言わんばかりに大量に解説されている。

筋ぐらいなら読めるけど、相手がシャボ待ちなんかしてきたら、さっぱり分からない?

そんなことはない。ある程度推測はできる。それも本書には書かれている。

麻雀放浪記を書いたことで有名な阿佐田哲也氏が、本書を「だからオレはこの麻雀に負けるのだ」と言ったほどだ。

相手の手が読めるようになると、俄然麻雀は楽しくなる。

それでも不明な点は残る。

この牌が当たるのかどうか・・・ここは勝負どころだから1回トライするか。

そういう駆け引きが面白いのだ。

全部が全部相手の手を読めてしまったら、麻雀なんて面白くもなんともないと思うぞ。

でも、「さっぱり分からん」状態から、「ある程度は推測できる」ようになると、麻雀はいきなり強くなる。普通の人相手だと、まず負けなくなる。

中級者向けには絶対におすすめの1冊だ。

ビジネスで成功したいと思う人が麻雀をすべき理由

本書の紹介とは話がずれるが、常に思っていることなので書いておきたい。

ビジネスで成功したいとか、経営層に近いポジションの人は麻雀をすべきだと思ってる。

それも「ルールを知っている」とか「満貫以上なら点数を計算できる」という素人レベルではなく、本書を読んだ後の「相手の手が読める、打ち回しができる」レベルまで上達すべき。

その理由は「場を読む力」が麻雀には必要になるからだ。

いくら勉強しても、ロジック通りに行かないところが麻雀の醍醐味だ。オカルト的な表現だが「今ツキはあいつにある」というのがあるのだ。

それこそ麻雀放浪記を読んでいると、そんな場面がたくさん出てくる。

「今、風はオレに吹いている。4枚目のチーピンは絶対にオレがツモれる」とかなんとか。

こんなの物語の話でしょ、とか思うなかれ。

たくさん麻雀を打っていると、そういうのはあるのだ。

自分が経験した例を紹介しよう。福井で徹マンをしていた時の話だ。

自分の下家がついてなくて、ラス目という南3局、ラス前。自分は2位、対面が1位で、対面の点は5万点以上あり、ほぼトップ確定。一方下家は4000点ぐらいしかなく、ゴンニあたりでぶっ飛ぶという状態。

その南3局、自分が親だったのだが、「流れるかな」というラスト3巡ぐらいで、下家がリーチをかけた。

普通-26にもなっていたら、ぶっ飛びが怖くてリーチなんかかけないけどな・・・と思いながら、改めて場を見回す。

自分の手配的にも、他の人の捨て方的にもタテ場、いわゆるトイツ場だ。

下家の捨て牌を見ていても、「チートイか、シャボ待ちかな」とは分かる流れ。

自分は親を流したくなかったし、もちろんトップを狙っていたので、形テン狙いの安全に捨てていく戦法にする。

そしたら、リーチ後1巡目で「あ、ツモった」と下家。

手配を開けると、やっぱりチートイ。問題はその積もり方だった。

待ちは1ピン単騎だったのだけど、ドラが1ピンだったので、実は自分が手配に1ピンを2枚持っていた。

だから、当然場には出ていない。おまけに2ピン、3ピンも少ない。

こんな状態でリーチをかけても、まず1ピンなんか出てこない。

それをこともあろうに、そろそろ流れるか?という巡目でリーチ一発で4枚目の1ピン、しかもドラというのをツモってきた下家。

もちろん、「その1ピン、4枚目だぜー、そんなのツモるかー!?」なんてことは言わない。

黙って自分の手配を倒したけど、内心は「まずい。これで完全に下家に流れがいく」と焦ってた。トップを狙うどころではない。

そして、南4局のオーラス。

案の定、親の下家は面白いように手が速く進み、リーチをかければツモるという流れ。

こうなると誰も止められない。食いタンしようがなにしようが、相手の方が1枚も2枚も速い。

下手すると8連荘という寸前で終了したけど、終わってみれば下家の点は6万点を越えており、ぶっちぎりのトップ。

こんなに分かりやすく「ツキ」が移っていくのを見るのは珍しいけど、麻雀をよく打つ人はご存知の通り、実際に起こりうるものなのだ。

で、ビジネスをマネジメントしたり、経営したりしている人に勧めるのは、ビジネスの場でも理屈では説明できない「ツキ」が少なからずあるからだ。

「理由はない。でも風は今オレに吹いている。だから勝負だ」

と、大口の投資なり契約をすることもあるはず。

その時、「ツキは移っていく」ということを知らない経営者だと、尻込みをする。リスクヘッジばかり考えるわけだ。

しかし、麻雀でなくてもいいけど、「理屈では説明できないツキの流れ」を常に意識している人は、勝負どころと引き際を心得ている。

それを麻雀で経験し、習得するのだ。

だから、経営層に近い人は麻雀をする時も常に「今ツキは誰にあるのか。風はどう吹いているのか」を意識しながら、打つといい。見えないはずのツキが見えてくるから。

スポンサーリンク

スキルカテゴリの最新記事