管理職の人ほど人気youtuberを見よう

管理職の人ほど人気youtuberを見よう

所詮メディア、所詮人気取りと思っていないか?

自分は今もパズドラにはまってるし、いっときオセロニアにもかなりはまった。

そのおかげで、パズドラやオセロニア、ひいてはゲーム全般で人気のあるyoutuberもチャネル登録をして、参考に見てる。

ゲームそのものも面白いのだが、違う観点でも見てる。

それは「このゲームはなぜここまで売上が上がるのか」という点、youtuberに関しては「なぜここまで人気があるのか」という点。

管理職、経営層もソシャゲをしよう

ソシャゲは基本無料だ。今どきスマホを持っていない人はいないだろう。

ただがゲームとバカにせず、管理職も経営層も、年配者も人気のゲームを一度インストールして、遊んでみよう。

できれば、難しいダンジョンなりステージをクリアできるぐらいまでレベルを上げてみよう。

ここから、「なぜこんなに人気があるのか」分かってくるだろう。

人気のあるゲーム、セルランでいつも上位にいるゲームは、ゲームバランスが実にうまく作られている。

そして、無課金から微課金、重課金への道もごく自然に入れるように作られている。

ソシャゲって、どれぐらい売上があるか知ってるだろうか。

自分がはまってるパズドラ(ガンホー)だと、全盛期に比べてかなり落ちたとはいえ、それでもいまだに月間で数十億から100億近い売上を叩き出してる。

あのちっこい画面で展開される、遊ぶだけだと無料のゲームが月に100億も売上を作るんですよ?

自分で事業を作る時に、それ1本で月間100億の売上を作ることができるだろうか。

どこにその要素があるのか。ゲームを体験しないと分からないことだし、ゲームを通して「ここか!」というのが見えてくる。

それが自分のビジネスに反映されるのだ。

ぜひ、経営に近い人ほどソシャゲをやってみよう。

人気youtuberの動画を見る

ゲームのエッセンスが分かってきたら、次にそのゲーム実況を配信しているyoutuberを見てみよう。一つの目安は、チャネル登録者数が1万人以上、動画再生回数が平均10万回/本を越えているyoutuberだ。

パズドラだとなっち氏が参考になる。

単にパズルがうまいというだけでは、1本あたり10万回まで再生回数は伸びない。

なっち氏はむしろそれほどパズルはうまくない(もちろん素人よりは断然うまい。ただ、パズドラはとんでもない凄腕のプレイヤーがyoutubeに動画出しているので、それに比べればという意味)。

しかし、それと人気は違うということが分かる。

自分も好きだから、なっち氏が動画を上げると必ず見てる。

そして、「ここが人気の出るポイントなんだよなぁ」と、いつもビジネスの視点からも見てる。

もうひとり、日本にはとんでもない人気を誇るyoutuberがいる。弟者(おとじゃと読む)さんだ。

今日現在、チャネル登録者数は約218万人。動画を上げれば、その日のうちに再生回数は10万回を越え、人気のある動画だと400万回とか500万回までいく。

ライブ放送をすれば、すぐに3万人が集まる。

3万人だよ。武道館何個分だよ。

管理職や経営層の人なら、ぼーっとyoutubeを見るのではなく、なぜ人の心を掴むのか、それを考えながら見よう。

なっち氏も弟者氏も、人気が出る共通点は同じだ。

なぜエンタメ系を経験する必要があるのか

ソシャゲも人気youtuberも、ビジネス形態としてはBtoCだ。

一方でほとんどの企業はBtoBのビジネスを展開しているはずだ。

しかし。

BtoBといっても、結局相手も個人であり、その先には従業員やエンドユーザーがいるという意味ではBtoCになる。

完全なBtoBモデルだとしても、個人の視点を忘れてはいけない。

だから、BtoCで成功している人を見て、人の心を掴む要素を勉強し、盗むのだ。

それは必ず自分のビジネスにも生きてくる。

さぁ、あなたも今日からパズドラをプレイして、弟者さんの動画を見よう。

パズドラは自分も別のブログでプレイ日記を書いてるので、訪問してくれると嬉しい。最近は鳥撮りブログよりもPVが多い日も増えてきた。リリース後6年経ってもいまだにパズドラは人気があるという証拠だと思う。

ついでに、本数は少ないながらも自分もパズドラ動画をyoutubeに出しているので、見てもらって、チャネル登録してもらって、高評価を押してもらえると、とても嬉しい(それが言いたい記事だったのか?)

 

 

スポンサーリンク

ライフカテゴリの最新記事