積立NISAを申し込んだ

積立NISAを申し込んだ

自分はサラリーマンでできる範囲の老後資産形成をしているが、積立NISAは興味範囲外だった。運用益が非課税なのは魅力的だが、年間投資額が40万円までという少額なので、「そもそもそんなに利益出ないよね」と興味が湧かなかったからだ。

しかし、証券会社のNISAページをつらつら見ていて気が変わった。

積立NISAとは

ぐぐってくれ(ぉぃ

特徴を並べておく。

・年間投資額は40万円まで。端数が気持ち悪いので実質3万円/月の積立投資になる。

・積立期間は最長20年。

・運用益は非課税(通常の投資は約20%税金で持って行かれる)

・デッドロックなし(いつでも解約できる。iDeCoと大きく違う点)。

・専用口座が必要。

NISAにしろ、iDeCoにしろ、専用口座を開設しないといけないのは非常に面倒。今持ってる証券口座からなんで買えないんだろうね。

興味が湧いた理由

どのみち月3万円程度なのだから、「おまけ程度」の追加投資だなと、用意されている投信を眺めていた。おまけ程度なら、リスクを取ってアクティブファンドもやってみるかと思ったわけ。

アクティブファンドはリスクが高いので、メインの資産形成には向いていない。でも月3万ならやってみてもいいかと思った。

そこで、SBI証券で用意されている積立NISAのファンドのうち、アクティヴ投信を見ていたらひふみプラスがある。

詳細ページの実績を見て驚いた。

ファンド自体は以前からあるので5年のチャートが掲載されてるけど、2014年と比較すると3倍ぐらいのパフォーマンス出してるじゃん。

「設定来」という項目を見ると、トータルリターンのパフォーマンスは実に324.42%。

ありえん。インデックス投資だと3-5%ぐらいを狙うのが普通だけど、調子に乗ればアクティブ投信って、こんなにパフォーマンスが出るのか。

しかし、もっと驚いたのはページの下の方を見た時。

は?これで69位なの?

いや、まぁ、この順位は1年の実績だけど、それでも1年の実績は25.08%のリターンだ。

カテゴリ平均で見ると、1年のパフォーマンスは31.04%。アクティブ投信って、そんなに激しい世界なのか。

これなら、仮想通貨で夢を見るより、アクティブ投信で夢を見た方がいいなと思ったわけ。

ひふみで69位って、トップの方はどんなパフォーマンスなの?と思って、順位を見てみる。

すごいな・・・軒並み30-50%ぐらいのパフォーマンス出してる。

トップのSBIのファンドは設定来のパフォーマンスが262.56%。ひふみには負けるか・・・。

で、じゃぁこういった過去1-3年でトップスコアラのアクティブ投信を積立NISAで買えるかというと、一つも買えない・・・。

まぁ、これは金融庁が定めた厳しい条件をクリアしたファンドになるので、おのずと限定されますわな。いくらアクティブ投信といえど、金融庁が推奨するNISAでそこまでハイリスクなものは認められない、と。

ひふみ以外見てみたけど、どれもぱっとしないんだよねぇ。買うならひふみプラス一択。

さて。

ではひふみに3万全部突っ込むか、1万程度にしておいて、残り2万をさっきのSBIみたいな通常のアクティブ投信で積立をしていくか。

iDeCoと同じく、開設まで少し時間がかかるので、ちょっと考えてみることにします。

 

スポンサーリンク

お金の話カテゴリの最新記事