非常用電源suaoki S270とソーラーパネルが届いたのでレビュー

非常用電源suaoki S270とソーラーパネルが届いたのでレビュー

災害対策用にと、昨日注文した非常用バッテリーとソーラーパネルがもう届いた。買ったのはこれ。

 

2018年6月18日時点で、アマゾンでポータブル電源が13,280円、ソーラーパネルが24,000円。合わせて約37,000円。

早速開封すると、思ったより小さい。てっきりUPSみたいな重くて大きなものが届くと思っていたけど、工具箱よりも小さくて、片手で余裕で持てるぐらい軽い。こんなので本当にAC100V機材が動くのか?と少し心配になる。

フロントにはUSBから取れる電源の口が4つある。

 

側面にAC100Vの口が2つ。AC100Vを使う時は上部の電源ボタンを押す必要がある。試しに扇風機をつないで稼働させてみたが、問題なく動いたよ。

 

背面は主にパソコンを接続する用のDCの口が4つ。まぁあれば便利だけど、今やラップトップのMacってUSB-Cで充電できるからなぁ。

 

もう片方の側面にはランプが2つついてる。非常用と謳うだけのことはある。

 

付属品もたくさんついていて、充電する用のDCアダプターや、シガー電源との変換アダプターなどなど。自分は車中泊もたまにするので、車に積んでおくと便利だね。

 

お次はソーラーパネル。これは逆に思ったより大きかった。

 

この製品がいいのは、半分に畳んだ時ボタンがついていて「ぱちん」と止められること。

 

背面に小さなポケットがついており、

 

中にはやはりたくさんのアダプター。車のバッテリーと接続するワニクリップもついているので、万一バッテリーが上がった時の非常用電気供給源になるね。セルが回せるまで充電するにはどれぐらい時間がかかるか分からないけど、ないよりはましだわ。

 

ポケットの中には各種電源との接続部分がある。基本的にこのパネルと、例えばスマホをつないで直接充電ってことはしないので、ここにはポータブル電源を接続し、運転している日中に充電するという使い方になるかな。

 

昨日も書いたけど、うちはオール電化の家を借りているので、特に冬に停電になると死活問題になりえない。

また、今飼っているオカメインコが酸素供給器で治療中で、今停電されるとオカメの死活問題になる。昨日地震があったこともあるけど、今オカメが治療中ということもあって買ったのでした。

やはり4万円程度で買える安心感は大きい。この大きさと軽さならバッテリーはもう1つぐらい買ってもいいかな。

スポンサーリンク

ライフカテゴリの最新記事