iPhoneのスクリーンショットをMacに取り込んだ後簡単にJPEG変換する

iPhoneのスクリーンショットをMacに取り込んだ後簡単にJPEG変換する

iPhoneでスクショを撮るといまだにPNGです。iPhone側でJPEGに切り替えるオプションを用意しろと言いたいけど、いつまで経ってもサポートされない。

かと言ってPNG→JPEG変換するアプリなんか入れたくない。面倒だし。

そこでMac側に持ってきた後シェルスクリプトでJPEG変換するという運用にします。

シェルスクリプト

ターミナルとシェルスクリプトを使ったことがある人向けです。sipsコマンドを使うのが肝。

どこかに下記のシェルスクリプトを保存します。

#!/bin/bash

IFS=$’\n’

cd /Users/your_name/Downloads

for file_name in ls *.PNG

do

sips -s format jpeg $file_name –out ${file_name/.PNG/.jpg}

done

mv *.PNG ~/.Trash

echo “done”

自分は~/data/scriptにchange_png_to_jpeg.shで保存しています。your_nameはご自身の名前に変更してください。

# chmod 755 change_png_to_jpeg.sh

で実行権をつけておきます。

iPhoneから写真を選択肢、AirDropでMacにアップロードすると、Macでは~/Downloardsに保存される。

その状態で、上のシェルスクリプトを走らせると、PNGがJPEGに変換されます。

 

スポンサーリンク

スキルカテゴリの最新記事