モバイルSUICA+スマートEXで東海道新幹線に乗ったら超絶便利だった

モバイルSUICA+スマートEXで東海道新幹線に乗ったら超絶便利だった

目指したもの

まず、なにができるのか、今回目指したものはなにか、整理しておこう。

・東京から関西まで、iPhoneだけで行く

これ。これだけ。

東京の在来線から新幹線を乗り継ぎ、大阪まで行く。その時iPhoneだけ持って乗る(出張なので実際はもちろん着替えとか荷物はあるけど、JRを使う時はiPhoneだけというのを目指す)。

関西にいる人はあまり意識しないけど、関東の人にとって東海道新幹線はほんと面倒なんだわ。

JR東とか仲が悪いために、とにかく接続が悪い。新横浜で東海道新幹線の予約したチケットを受け取ろうと思ったら、ものすっごい不便なところにあるって知ってる?JR東が嫌がらせしているとしか思えんわ。

そんな親戚同士の不仲に振り回される関東民だけど、やろうと思えばiPhoneだけで予約から乗車までできてしまう。できるのは知ってたけど、webで解説ページ見る限り恐ろしく面倒だったので手を付けてなかった。

最近モバイルSUICAを使い始めたし、折よく関西方面に出張があったので、重い腰を上げてみたというわけ。

準備

まずiPhoneでモバイルSUICAを使えるようにしておく。SUICAアプリをダウンロードし、新規にモバイルSUICAを発行するか、既存のSUICAを取り込むかし、クレジットカードを登録すれば準備完了。あとで必要になるからSUICA番号は控えておこう(iマークボタンを押すと表示される「SuicaID番号」(JEから始まる番号))。

次にEXアプリをダウンロード、インストールする。アプリを起動し、クレジットカード(残念ながらデビットカードは使えない)と先のモバイルSUICAを登録する。

これで準備完了。思ったより簡単だった。要は

・モバイルSUICAの準備:決済はクレカ(デビットカード可)

・スマートEXの準備:決済クレカ(デビットカード不可)+モバイルSUICAの紐づけ

をするだけ。

ここまで完了すれば、あとはスマートEXでのみ作業は完結する。新幹線の予約、乗車にモバイルSUICAの作業は不要。

新幹線を予約してみる

今回出張があったので、早速スマートEXで予約してみた。

まずアプリを起動し、新規予約画面から乗車日と時刻、駅を指定して検索する。

 

すると新幹線一覧が出てくるので、よさげなのを選択する。

 

会社の経費で行くから当然普通車を選択する。

 

そのまま下の方にスクロールすると座席表から選択することができるので、ぽちっ。

 

券売機で見かけるのと同じ、座席表から指定できる画面が出てくる。

 

B席が空いているA席を選ぶ。つかさ、いい加減東海道・山陽新幹線はB席なくして、2列仕様にしてほしいよね。

 

確認画面が出るので、内容の確認をして、予約購入する。

 

これにて完了。

 

出張の場合領収書が必要になるけど、このアプリから領収書を出せる(実際にはSafariで表示)。印刷した領収書を経費精算に添付することを考えたら、PCでスマートEXにログインして、領収書を表示→印刷した方がいいと思う。

予約購入を終えた後、なんらかの事情で新幹線を変える場合も、このアプリから簡単に変更できるし、確か何回変更しても無料。

実際、上記のスクショは和歌山からの帰りの新幹線を予約したものだったけど、商談を終え、和歌山からくろしおに乗ったら新大阪着が17時前だったので、くろしおに乗っている間に新幹線を17:20のものに変更した(もち、A席が空いている新幹線で)。いや、これ、便利だわ。

いざ、乗車

いよいよ乗ってみる。この手のものって初めての時が結構ドキドキする。「人がたくさんいるのに、改札で引っかかったらどうしよう〜」とかね。

出張の行きは田町で会議を終え、そこから品川に出て新幹線に乗換えた(品川で改札は出ない)。

予約状況はこうなってる。

 

ちょっとドキドキしながら、品川駅を出ることなく、新幹線乗り換え口でiPhoneをかざす。電源も入れない。暗い画面のまま新幹線改札口でiPhoneをかざしただけ。

そしたら「ちょきーん」という、あの音がして、普通に改札を通れた。スクショ撮ってる暇がないので、画面を録画しながら通ってみたら、モバイルSUICAで田町→品川が引き落とされていただけで、特に新幹線関連の画面は出てなかった(スマートEXも起動していない)。

 

スマートEXの画面を見ると、行きの分は「入場済」になってた。

これは便利!

一度やってみると気が楽になるね。

新幹線の予約、変更、乗車、在来線からの乗り継ぎ、在来線への乗り継ぎ、これがすべてiPhoneひとつでできてしまう。改札を通る時は画面真っ暗なままiPhoneをかざすだけ。

これは便利だわ。しかも手数料はかからない。

EXICに比べてスマートEXは割引率低いけど、それでも通常のチケット購入よりは若干安い。まぁ、経費で落とすから割引率はそれほど問題ではない。EXICはグリーンのアップグレードパスがあるものの、年会費がかかるから、自分的にはスマートEXの方がいいわ。てか、これ以上カード持ちたくないしね。

iPhoneかざして改札を通れば、白いチケットが出てくる。そこに乗車席も印刷されているから、いちいちiPhoneで座席番号を確認しなくてもいい。

1点だけ注意が必要なのは、乗車駅・降車駅に融通が利かない点。

例えば東京まで新幹線の特急券と乗車券を買うと、「東京都区内」とかなんとかの表示になっていて、新宿あたりまでそのまま行けるけど、スマートEXのチケットは東京〜新宿間の料金が取られる。

これもまぁ、仕事で使うなら経費精算する話なので、iPhoneだけでいけてしまう利便性の方がはるかに優先度は高い。

とはいえ、この2点は対応して欲しいぞ

現状2つのアプリだけでできるし、JRのおバカ仲違いも事情は分かる。

でもね。顧客視点でモノを考えようよ。ということで3年以内に以下の2点に対応してくれ。

・モバイルSUICAの特急券購入から東海道・山陽新幹線を買えること(ついでに九州新幹線もな)。

・乗り継ぐ在来線特急のチケットも購入できること。

今回新大阪でくろしおに乗り換えたわけだけど、スマートEXでもモバイルSUICAでも買えない。駅の販売機では買えるんだから、アプリというかサーバー側で作り込みをすればできるはず。はよしてくれや。

ということで、まだ未対応な部分はあるけど、新幹線に乗るということだけを考えれば、非常に便利なサービスとなっていました。

おまけ

ふと思ったんだけどさ、自腹でグリーン乗る時普通車料金で会社に精算ってできるね。

・普通車で予約する。

・領収書を表示、保存なり印刷しておく。

・グリーンにアップグレードする。

「差額は自腹でいいから、普通車分は会社で経費精算してよね」という場合、iPhoneだけでできちゃうね。

領収書表示は予約完了日の翌日から可能とのことなので、余裕を持って予約する必要があるね。

でも、今までなら「一度普通車で購入」→「領収書を出す」→「みどりの窓口でグリーンにアップグレード」とやらないとダメだったのが、アプリだけで完結するのは便利だわ。

新大阪→東京だと+5,000円ぐらいのはずだったので、疲れている時、込んでいる時はこの手を使ってもいいかなと思ったのでした。

スポンサーリンク

ライフカテゴリの最新記事