Happy Hacking Keyboard Professional BTを買った

Happy Hacking Keyboard Professional BTを買った

3万円もするキーボードってアホか、と

今どき3万もするキーボードなんか買う奴おるんか。アホちゃうか・・・そう思ってた。このキーボードを知るまでは。

HHKBはもちろん知ってたし、使ってたよ。ITエンジニア御用達のマニアックキーボードだ。昔はメカニカルタッチキーボードでガシガシ言わすのが、かっこいいと勘違いされていた時代だったのだ。

抜群のキータッチ感を味わせてくれるHHKBのメリットは十二分に知っていたが、だからといって3万もするキーボードなんかアウトオブ眼中だった。

では、なぜ買ったのか。

それは昨今のMacはどいつもこいつもキーボードが実に打ちにくい。それに尽きる。

MacBookも、MacBook Proも、iMacに付属するマジックキーボードもキーが浅いので打ち損じが多い。

個人差もあるんだろうけど、HHKBのレビューを見ていると、Macで使っている人が多く、その多くはやはり打ち損じが多くてイライラするからと。

だよね〜

いや、ま、タイトルにする意味もないんだけど、まったく同感だったので。

しがないサラリーマンからすると3万もするキーボード(しつこい)を買うなんて、1ヶ月分の小遣いを丸々使うぐらい勇気がいる。でも買っちまった。アマゾンで29,700円。ぐっ・・・

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B
PFU (2016-04-12)
売り上げランキング: 5,372

3万円払ってでも、今のMacのキーボードがイヤだったのだ。仕事柄、ほぼ一日中キーボード打ってるから、打鍵感はとても大事。今後何年にも渡って、このストレスから開放されるなら、清水の舞台から飛び降りてもいっかと。

注文して1日で届いた

さすがアマゾンプライム。すぐに届いたよ。

Lightningケーブル対応の標準キーボードと並べてみる。触った感じ、意外とキーピッチが狭いというか、こじんまりと収められている感じ。

噂には聞いていたが、黒いぜ。正直キーボードの刻印なんて、タッチタイピングしている人間には不要だから、ほぼ見えてなくても困ることはない(と信じたい)

背面に6つほどディップスイッチがある。

なるほど、いろんなOSや使い方に合わせられるようになってるのね。自分の場合とりあえずMac用にすればいいだけなので、ディップスイッチの1だけをONにする。

キー配列

マカーにとって大事なのがショートカットキー。Macはユニバーサルにショートカットキーが統一されているからね。

Macモードにすると、普通のMacのキーボードと同じように、スペースバーの右横が「かな」、左横が「英数」になっているのでホームポジションに指を置いたまま、IMEのon/offができる(自分はGoogle日本語入力で、キーバインドはATOK方式にしてる)。

Commandキーの位置はMacのキーボードと同じ位置(Z/Xの下)なんだけど、標準キーボードより小さい(というか、AppleのキーボードはCommandキーを大きくしている)から、ちょっと使いにくい。マカーはCommandキーを多用するからね。

ここまできたら、CtrlをCommandキーにバインドできないかな。その方がタッチタイピングだと間違いないんだけど。

と思ったが、自分はCtrlキーも多用する。仕事の半分はターミナル使ってるし、日本語入力でもEmacライクなキーバインドを使うので、Ctrlがないと生きていけない。

そこで、こんな風に修飾キーを設定してみた(設定→キーボード→修飾キー)

HHKBはMac用に設定した時のCommandキーの左横にもう一つキーがある。Cpasロックキーに設定されている特殊ロゴキーだ。Capsはまったく使わないので、これもCommandに割り当ててしまう。そうすると手探りでCommandキーを触った時、どっちのキーを握ったとしても、Commandとして動いてくれるわけだ。これで安心。

さて、使ってみて、どうよ

このブログ記事書いてるのが初稼働だけどね、言わせてもらう。

まったくの異次元、別世界だぜ!

ひっさびさに、「キーボード変えるだけで、こんなに変わるのか!」というのを実感してる。めちゃめちゃはかどる。

もうMac標準のペラペラなキーボードには戻れんわ。

長時間キータイピングする人とか、プログラマーとかで、Mac使いの人は騙されたと思って使ってみるといいです。タイピングすること自体が快感に変わりつつあります。こんな感じ、20年振りぐらい。

音は意外と小さい

購入前にいろんなレビューを読んでいたんだけど、共通していたのはみんな「喫茶店とかで使うには気が引けるかもねー」ということ。

以前のメカニカルタッチなHHKBは壮絶なマシンガンみたいな音がしていたから、やっぱりかぁと思ってた。

しかし、今実物でタイピングしていると、「どこがうるさいねん?」と思うほど静か。こんなの馬鹿みたいに叩かなければ喫茶店とか新幹線でも十分使えるよ。

むしろ最近のラップトップなんかに比べれば全然静か。最近のってMacに限らず、とにかくキータッチが浅いじゃん?だから、早打ちするとバシバシ音がするし、そこへ「ぱしーん!」とリターンキーなんか打たれた日にゃ、そいつの額を「ぱしーん!」と打ってやりたくなるぐらいうるさい。振動もするし。

このHHKBはタイピングをキー自体が吸収してくれるし、キーボードの背面には吸収用のゴムシートが貼られているので、タイピングによる机の振動もほぼない。

よく考えられてるわ。さすが3万円キーボード(くどい・・だって、買うまでにかなり悩んだからね)。

マニュアルに載っていないキーバインド

Macではキーボードでからしか調節できない項目が結構ある。いやまぁ、実際には設定からできるんだけど、普通マカーはキーボードでささっとやってるよねって調整。

例えば音量調整とか、ディスプレイの明るさ調整。

これが付属マニュアルには書いていないんですわ。まさか調整できないとか?と心配になったけど、ぐぐったらPFUがちゃんとサポートページ出してる。

Happy Hacking Keyboard Professional BT

これによると(音量調節はマニュアルに書いてる)

・音量調節:Fn+A or Fn+S

・ディスプレイの明るさ調節:Fn+O or Fn+P

明日からのキータイピング生活が変わるぜ!

2台目買うお金ないので、家でも職場でもこれを使い回す。つまり出勤時はMacBook Pro 13″とHHKBを持ち歩く。重さ的にはそれほど苦にならないし、この快適さは病みつきになるから、仕事で使わずしてどこで使うって感じ。

3万円は確かに高い。だから万人にはススメられない。でも最近のMacのキーボードがとにかく打ちづらい、打ち損じが多いという人には検討の価値が十二分にあるキーボードです。

スポンサーリンク

ガジェットカテゴリの最新記事