怖い・・・けどストーリー性が高かったフリーゲーム「クチダケ」

怖い・・・けどストーリー性が高かったフリーゲーム「クチダケ」

口コミ評判の高いフリーゲーム

怖い、面白いという評判を聞いていた無料ゲーム「クチダケ」。ダウンロードしてWindowsでプレイするか、ブラウザでプレイするかを選べる。手元にある低スペックなWindowsだとまともに動かなかったので、MacのChromeでプレイした。こちらはさくさくだった。

公式サイトはこちら。

クチダケ

公式サイトにストーリーが紹介されているけど、簡単に書くと、舞台は地球が滅びてから10万年後の世界。人類は冥王星で生活しているが、主人公の女性はなぜ地球が滅びたのか調べたくて、地球を目指す。

その途中宇宙船が墜落して、不時着する。そして始まるサバイバルホラー。

ま、要はあのゲームだ

青鬼とよく似てる。どっちが先か知らないけど。

要は追われて追われて、触られたら即死というシステム。

ただ、青鬼ほど理不尽というか、「ちっ、ここで出てくんなよ」というリズムの悪さはない。あのゲーム、謎解きをしている時に延々と青鬼に追われて、逃げまくって、振り切ったら「ここどこだっけ?」ってなることが結構あって、途中でやめた。

クチダケの場合同じように触れたら即死という敵がいるけど、逃げるのがメインではなく、そいつらを回避してどうやってダンジョンを進めていくのかに重点がおかれた、パズルゲーに近いゲーム。

標準プレイ時間2時間?

readmeだったかな、標準的なプレイ時間が2時間とか書いてあったので気軽にプレイを始めたけど、冗談じゃなかった。たっぷり4時間はかかったよ。

クリア後に出るリザルトでは3時間44分になってるけど、これは死んだプレイ時間が入ってないので、死んでやり直したのを含めると4時間以上はかかってる。

自分が下手なだけ?うーん、そうかもね。

クリアしての感想

正直途中までは「青鬼と同じじゃん。単なる脱出ゲーじゃん?」と思って止めようかと思っていたけど、ストーリーが進むにつれ、わりと本気でサバイバルゲーになってきて、登場人物たちのドラマにも目が離せなくなり、一気にプレイし終えた。

ラストは「あぁ、そういうことか・・・男だね、君」みたいなシーンもあり、気持ちよく終えられる。そのままコールドスリープで終わって良かったと思うけどね。その後のシーンは蛇足というか、余計。作品の質を落としてる気がする。

欠片を10個集めるための2周目・・・をする気力があるはずもなく、youtubeでチェックさせてもらいました。

面白かったですよ!フリーゲームはこういうクオリティの高いものが時々出てくるので楽しいよね。

 

スポンサーリンク

ゲームカテゴリの最新記事