熱中症対策は水分以上に塩分補給が大事というのを実感した

熱中症対策は水分以上に塩分補給が大事というのを実感した

水分は取っていたけど軽い熱中症にかかった

若い頃一度これで倒れたことがあるんですわ。当時は日射病って呼んでたけどね。

なので、この時期水分補給はこまめにしてる。

なのに今年は軽い熱中症に2回もかかった。その経験を通して同僚が教えてくれた「水分補給以上に塩分補給が大事」ということを身をもって知ったという話。

なぜ水分だけではダメなのか

汗を大量にかくと、体内の水分とともに血液中の塩分・ミネラルも出ていく。そこへ水分補給だけをすると血液中の塩分・ミネラル濃度が低くなり、余計に熱中症を発症しやすくなるらしい。

それを聞いていたのは今年1回目の軽い熱中症が出た時。寝ている間になったらしい。朝起きたら結構激しい頭痛と吐き気がする。

なぜ水分補給だけだとダメなのかというメカニズムも知ったので、それ以降は塩分補給もするようにしていた。具体的には日中の水分補給ドリンクは水ではなく、ポカリスエットかアクエリアスにしていたのだ。

ポカリスエットを飲むと劇的に効果があった

ところが先日、午前中にお客さんと打ち合わせを喫茶店でしていたのだが、それを終えてから軽いめまいを感じた。喫茶店ではアイスコーヒーを2杯飲んでいたので、水分補給は十分なはず。

しかし、喫茶店を出てからしばらくすると軽いめまいと、足が地についていないようなフワフワした感覚が一日続いた。夕方会社を出る時もまだフワフワしてる。

これ、多分熱中症の前段階だよなぁ、やばいなぁと思いながら帰りの通勤電車に乗ってた。

家の最寄り駅について、駅前のコンビニでポカリを買い、その場で半分ほど一気に飲んだ。

そしたら、一日続いたフワフワ感が嘘のように消える。

いや、ほんと。プラシーボかもしれない。でも、500mlペットボトルのポカリスエットを半分飲んだだけで足が地面に着き、めまいが収まった。

こんなに効果あるの・・・って自分でも驚愕したぐらい。

それ以降今年の夏はもうずっとポカリかアクエリアスを飲んでる。おかげで、それ以降こういったフワフワ感やめまい、頭痛は発症していない。会社と家には塩キャンデーも常備しているので、結構塩分は取るようにしてる。

水分だけではダメだったということを身をもって知った夏でした。

 

スポンサーリンク

ライフカテゴリの最新記事