男もネイルケアをしよう!

男もネイルケアをしよう!


きっかけは友達夫婦と麻雀をしている時だった。

「最近さぁ、特に男の人の営業さんの爪が気になるんだよねぇ」と奥さん。

その後会社含む周りの女性たちに聞いてみると、やっぱり男性の爪はよく見てる、見られてる。

そこからでした。最低限のネイルケアをし、少なくとも女性に不快感を与えないようにしようと取り組むようになったのです。でもネイルなんて一回も気にしたことがないのでさっぱり分からない。

それから約1年。男ならこんなもんで十分だろという手順が確立したので、ご紹介します。

女性のマニキュアみたいにはならないけど、「えぇ、男の人でこんなに爪がピカピカの人は初めて見たー」と女性によく言われるようになったよ。

揃えるモノ

以下のモノがあればピカピカ爪が手に入ります。
・電動ネイルケア
・トップコート
・ネイルオイル
・除光液
以上。

一つずつ例によってアマゾンへのリンクを例に紹介していきましょう。

電動ネイルケア

基本的な爪のケアをする道具です。例えばアマゾンだとこんなモノ。

自分は↑これのもう少し簡易な商品を使っています。こんなに交換ドリルがないタイプ。お値段はだいたい2,000円〜4,000円程度。こんなので十分。

トップコート

オイルケアのベースになるもので必須です。自分は100円ショップのセリアで買ったけど、今どき大きめの100円ショップだと、どこでも売ってるのでそれで十分。

アマゾンだと、例えばこんなモノ。アマゾンでも200円ちょいぐらいの程度です。

KOSE コーセー ノア トップコートa
コーセーコスメポート
売り上げランキング: 3,286

ネイルオイル

これは毎日爪に塗るものなのでケチらず、ちゃんとしたものを使いましょう。

と言ってもアマゾンで評判よくて、たかだか1,700円しないモノだけど、自分は約1年これを愛用してる。

1年経ったけど、まだ1本使い切ってないよ。

除光液

これも必須。ケイトというメーカーがいいらしいので一応それをアマゾンで買ったけど、それでも400円ちょいな値段。

ケイト ネイルカラーリムーバーN
カネボウ化粧品
売り上げランキング: 4,140

できるだけずぼらに取り組むネイルケア

自分もパンピーな男なので、ネイルケアみたいな面倒なものはできるだけ簡単に済ませたい。そこでたどり着いたのが以下の手順。

散々webで女性によるネイルケア情報を読んだけど、だいたいは間違ってないと思う。

1. 週に一度(週末がオススメ)、電動ネイルケアで爪の表面をならして、磨く。
2. その後トップコートを塗る(週に一度でいい)。
3. 毎晩ネイルオイルを塗る。
4. 週に一度(電動ネイルケアを使う直前)、除光液でオイルとトップをぬぐう。1.に戻る。

ではひとつずつ見ていきましょう。

週に一度電動ネイルケアで手入れする

たくさんドリルがついているけど、世の中のずぼら男が使うものは2つだけ。

さっきのアマゾンで紹介した電動ドリルだと、商品説明写真で並んでいる11本のドリルのうち左から2つめの、大きめの四角いドリルと、一番右の先が丸くなったドリル。これだけ。

まずは大きめの四角いドリルで爪の表面を軽くなぞってならしていく。削った爪のカスが出るので下にティッシュとか置いておくとベター。

あまり強くせず、軽く表面をなぞるだけで十分。爪表面の凸凹をならしていくことが目的なので、長くかける必要もなし。1本あたり5-6回往復するぐらいで十分。

そして仕上げの丸いドリルを使う。多分説明書にも「ツヤ出しではありません」みたいなことを書いていると思うけど、それでもびっくりするぐらい爪が綺麗になります。

女性の爪で見かける「ぴかぴか」にはならないけど、「爪って本来こんなにツヤがあるんだ」と思うほど綺麗になります。

男ならこの程度の綺麗さでも多分十分女性からは称賛をうけると思う。多分ね。

ドリルの後トップコートを塗る

さぁ、ここが勝負だ。トップをいかに綺麗に塗るかで、その後の一週間が決まる。

トップとオイルは利き手の方から塗っていくのが基本。右手が利き手なら、右手の爪から塗っていく。

これは片方の手を塗った後、その手ではけを持って逆の手を塗っていくわけで、乾く前の爪を使う時多少気にする必要があるから、利き手を使って塗るのをあとにした方がいいから。

トップを塗る時は「なるべく平坦に」が大事。これがでこぼこしていたり、小さい水泡ができると修正のしようがないので、気合を入れて塗ろう。

塗り方は1回のはけで1本の爪を塗るんだけど(1本爪を仕上げて、はけをびんに戻してトップをつける)、
1. まず爪の真ん中に塗る。塗る方向は爪の根元から爪先に向かって「すっ」とひと塗り
2. 左右どちらかを塗る。方向は同じく根本から爪先に
3. もう一方を塗る
という、「1本あたり3回に分けて塗る」が基本。

トップコートは速乾性が多いので、「さっさっさっ」と塗ることが大事。

これをもたもたしていると、せっかくトップ塗ったのにでこぼこした状態になってしまう。何回も経験した自分が言うんだから間違いない。

トップを塗る時は「根本から爪先に、真ん中→右→左と3回に分けて、さささっと塗る」を心がけよう。

さっきも書いた通り、一度トップを塗ると1週間はもつので、週末の夜に一度塗るぐらいで十分です。

ネイルオイルを塗る

これは毎晩する。気になるなら朝も塗っていいけど、自分の場合夜塗るだけで1日ぐらいは十分綺麗な爪を保ってくれてる。

塗り方はどちらの手からでもいいので、一回はけにオイルをつけたら5本の爪に「ちょいちょいちょい」とオイルをおいていく。

そして一度はけにオイルをつけなおして、逆の手の爪全部に「ちょいちょいちょい」とオイルをおいていく。

はけをビンに戻したら、爪に乗ってるオイルを逆の手の親指で「くるくる」回しながら、もみこんでいくように爪全体に広げていく。

ネイルオイルはなかなか乾かないので、この時はそんなに急がなくて大丈夫。

片方が終わったら、逆の手ももみこんでいって完了。

ネイルオイルを使い始めると実感するけど、爪だけでなく、周辺の皮膚も綺麗になっていくんです。栄養をもらってるんでしょうね。

変な言い方だけど、皮膚が活き活きしてくるのを実感します。

だから「爪にだけオイルを広げる」というより、「周りの皮膚についてもいいから全体にもみこんでいく」感じでいいと思う。

オイルを塗ったら15分はそのまま放置しよう。自分はyoutubeを見ながら15分をぼーっと過ごすことが多い。

15分ほど経ったらお風呂に入るなり、手を洗うなりして余分なオイルを流してしまって大丈夫。

その時改めて自分の爪を見て欲しい。「わーぉ、こんなに綺麗になるの・・・」って感動すると思う。自分は感動した。

爪が綺麗になるとね、心も少し軽く、明るくなるんですよ。

自然、人と接する時も明るくなるし、パソコンでかちゃかちゃ打ち込む時も自分の爪が目に入るので、楽しくなるのですよ。

自分でネイルケアをするようになって初めて、女性が化粧をする気持ちが少しわかった気がします。手入れがきまると心が少し明るくなるんですよね。

次の週末、電動ネイルケアを使う前に除光液を使う

実は最初の1ヶ月ぐらいは除光液を使ってなかった。てか、除光液なんて便利なものがあるのを知らんかった。

これを使うと使わないとではオイルとトップのはがれ方が全然違う。除光液使わずに、特にトップをはがそうとすると大変なんですわ。

除光液を使う時はティッシュに液をつけてもいいんだけど、理想を言えばコットンを使うのがいい。ドラッグストアで売ってるから、なにかのついでに買っておくといいと思います。

最初ティッシュでやってたんだけど、細かいカスがたくさん爪に残るんですよ。

コットンを使うと「え、こんなに簡単に?」というほど、さくっとトップが落ち、素の爪が出てくる。もちろんカスはほとんどつかない(でも多少はつく)。

素の爪が出てきたら、1.に戻って電動ネイルケアでお手入れを開始する。

さぁ、これで明日から堂々と女性の前で話をしよう

よく「歯が綺麗になると人と話すのが苦にならなくなった」という話を聞くじゃないですか。

あれと同じで、爪を綺麗に保っておくと、特に女性の目の前で会話するのが苦にならなくなるのですよ。

いや、今も気にしていないなら、それはそれで羨ましいんだけどね。でも普通は心の中では気にしてません?

「鼻毛出てないかなぁ」「ヘアスタイルを不快に思ってないかなぁ」とか。

そのひとつである「爪」を誰が見ても綺麗に保っておけば、心の負担が一つ減るのです。

お金も電動ネイルケアが多少高いぐらいで、あとは100円〜数百円のオイルなり液なりを買っておけば、1年は余裕で持つから費用はかかんない。

毎晩ネイルオイルを塗ることだけが多少面倒だけど、一日の終りに疲れた爪が復活するのは自分で見ていても楽しいので、意外と負担にはなりません。

ぜひ、男性も爪の手入れを試してみてください。

スポンサーリンク

身だしなみカテゴリの最新記事