Apple Pencilを使うならこの保護フィルムは絶対使うべし!

Apple Pencilを使うならこの保護フィルムは絶対使うべし!

まるで紙に書いているように激変する保護フィルム

知らんかった、こんな保護フィルムがあったとは。

今年2018年の春に出た廉価版iPad9.7″はApple Pencilを使えることが最大の特徴だけど、iPadでApple Pencilを使っていると多少感じる不満は2つ。多少ね。

1.滑る

2.音がする

滑るといっても全然許容範囲だ。でも「紙のような書き心地」とはお世辞にも言えない。

スタイラスなんかとは天と地ほど差があるし、Windowsタブレットのペンに比べてもまだまだApple Pencilの方が書き心地は上。でも滑ることは滑る。

音がするというのはタブレットだと仕方がないことだけど、書いていると「コツコツ」と音がするんだよね。自分の部屋で使っている分にはいいんだけど、客先でメモったりする時は結構音が気になる。

そこでミヤビックスのこのフィルム!

レビューを見てると「いい意味で引っかかりが出て、紙に書いているような感じに近くなった」というものが多い。

ほんまかいな・・・でもまぁ今のところフィルム張ってないから、そろそろと思っていたし、どうせなら試してみるかと思ったわけ。高くもないしね(買った時で2,160円)。

そしたらそしたら・・・えぇわぁ、これ・・・一発で気に入ってしまった。

紙と同等まではもちろんいかない。それを求めるなら素直にモレスキンとジェットストリームを使おう。ちなみに自分は細字が好きなのでジェットストリームの0.38mm一択だ。10本ぐらい常に用意してある。

しかし、「タブレット+スタイラスペンでここまでの書き味になるのか!」と衝撃を受けるほどの書きやすさになることは間違いない。激変といってもいい。保護フィルム一枚でここまで変わるものかと驚いた。

そして、本来の目的ではないだろうけど、音がかなり緩和される。これは素直に嬉しい。

客先でメモる時って結構ガシガシと入力するじゃない?先方が喋っていることを書きながらも、次こちらが言うことを考えたりしないといけないわけで。

デフォルト状態のiPad+Apple Pencilだとそういう時結構音がするんだよね。相手からすると「なにをそんなにコツコツと音を立ててるのですか?」って感じだよね。

それが綺麗に消えるの。もちろんまったく消えるほどではない。でもフィルムを貼る前が「カッカッカッカッカツカツカツ〜」だったとすると、貼った後は「コッコッコッ」という感じ。おとなしいもんだ。

デメリットもある

表面がザラザラとしたフィルムを貼るので、画面はiPad本来の美しさからかなり後退する。ノングレアタイプのフィルムを貼った感じ。

普通に使う分には自分は気にならないけど、ProCreateで絵を描いたり、写真や動画編集をiPadでガンガンする人には向かないだろうね。

自分はむしろ目に優しくなっていいぐらいです。

ちなみにこの手のフィルムを貼る時は画面をほこり一つないように綺麗にして貼らないと泡ができるけど、そのための指紋/ホコリ拭きはダイソーで売ってるナノクロスがオススメ。めちゃくちゃ綺麗に取れる。製品についてくる小さなクロスなんか使うより、ダイソーの100円の方がよっぽど速く綺麗に取れる。

スポンサーリンク

ガジェットカテゴリの最新記事